天然小アユやお米など滋賀の美味しさをお届け!「水の里 奥びわ湖マルシェ」オープン


企業の新規ビジネスの立ち上げやPRなどをサポートするmosbee consulting(モスビーコンサルティング)は、奥琵琶湖キャンプ場「奥びわ湖ファーム」と提携し、滋賀県の農水産物を全国に届ける「水の里 奥びわ湖マルシェ」をYahooショッピング内でスタートした。

滋賀県奥琵琶湖エリアの綺麗な水で育った農水産物で、美味しく食べてもらえるよう生産者がこだわりを持って提供している商品が揃う「水の里 奥びわ湖マルシェ」。同サイトには、この美味しさを知ってもらうのと同時に、生産者を応援したいという想いが込められている。

冷めても美味しい「近江米こしひかり」


現在販売している商品には、奥琵琶湖の田中さんが育てた美味しい「近江米こしひかり」がラインアップ。奥琵琶湖エリアの山中を通り滝となって流れてきた綺麗な水を引き、子どもも安心安全に食べられるようにと、玄米でも美味しいお米を丹精込めて育てている。

お米の特徴は、ふっくら、もっちり。粘り気が強く、旨味がしっかりしている。炊きあがりは艶々とし、一粒一粒が立った、ご飯の主役になれるお米だ。冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当にもおすすめとなっている。

琵琶湖の宝石「ビワマス」


琵琶湖の宝石「ビワマス」は、京都などの関西エリアの料亭以外、なかなか市場には出回らない魚。


今回販売している「ビワマス」は、料亭に出るものよりもサイズの小さい30㎝程度のものを、ヒマラヤ岩塩でマイルドに仕上げ瞬間冷凍している。さっと水洗いし、鱗はそのままに弱火でじっくりと焼くと、サクッとした食感に仕上がる。

脂ののったビワマスは、焼けると透明な脂がジュワ~と溢れ出す。この脂は舌に全く残らず、臭みや癖もなく、魚が苦手な人でも美味しく食べられる。

キャンプ場でのBBQでワイルドに、自宅では、ホームパーティや家族の集まりなどに、ちょっと自慢できるメニューに仕上げやすい食材だ。

アレンジが楽しめる「天然小アユ」


琵琶湖の王様「天然小アユ」は、デリケートな小アユの獲れたてを急速冷凍していて、下処理はせずそのまま調理できる。


塩をしてグリルで焼くほか、塩をふったフライパンや鉄板で焼いたり、マッシュルームなどとアヒージョにしたりするのもおすすめ。香ばしく独特のアユの香りと共に、ほくほくとした食感を楽しめる。小ぶりのアユのなので、頭から骨まで美味しく食べられるのもポイントだ。

これを機に、奥琵琶湖エリアの“知らなかった美味しい”に出会って、地域の農家や漁師を応援してみては。

画像をもっと見る

  • 11/2 18:50
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます