「恋です!」森生(杉野遥亮)の複雑な過去明らかに ユキコ(杉咲花)との涙のハグに感動の声

【モデルプレス=2021/11/03】女優の杉咲花が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(毎週水曜よる10時~)の第5話が3日、放送された。杉咲と杉野遥亮のシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

◆杉咲花主演「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」

本作は、杉咲演じる勝ち気だけど恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコと、杉野遥亮演じる喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー・黒川森生の2人が不器用ながら少しずつお互いのことを理解し惹かれあっていく、新世代ラブコメディー。

◆ユキコ(杉咲花)と森生(杉野遥亮)に険悪な雰囲気?

ユキコからの告白によってようやく付き合うこととなったユキコと森生。デートを重ね、どんどん恋人らしく距離を縮めていく2人だったが、ユキコが森生に親のことについて質問をしたことをきっかけに距離ができてしまう。

ユキコに本当のことを打ち明けられない自分に悩む森生だったが、金沢獅子王(鈴木伸之)からの言葉を受けて母のことと向き合う決意をした。

改めて森生と会ったユキコは「黒川のこともっと知りたい」と正直に告げる。そんな言葉を受けて森生は「好きだって言われた時も俺めちゃくちゃ嬉しくって、でも怖くなっちゃって。いなくなられた時きついかなって」と複雑な思いを吐露。その理由は幼い頃母に捨てられたことにあるという。

しかし、森生はユキコに向き合うため家に残された母の物が入った箱を開けたといい「俺の写真が何枚も何十枚も入ってて…俺ずっと笑ってたんですよね。なんか救われたっていうか」と涙ながらに語った。そんな姿を受けてユキコは森生をハグ。「私はいなくなったりなんかしない。黒川のことひとりぼっちにしない」と伝え、抱きしめ合うのだった。

◆森生(杉野遥亮)の明かされた過去に反響

これまで語られることのなかった森生の過去が明らかとなった今回。これを受け視聴者からは「森生こんなことあったんだ」「ユキコのハグが泣ける」「辛い経験したんだね」「びっくり…こんな過去抱えてたんだ」「ユキコと出会ってくれてよかった」「森生がこれからは幸せでいられますように」など多くの声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/3 23:13
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます