男選びを間違えたー! 過去の自分を恨んだ理由とは?

付き合ったり結婚してから、想定外の問題が発覚したことはありませんか? 人に多少の短所があるのは自然ですが、中にはどうしても耐えきれないことだってありますよね。
本記事では「夫や彼氏を選び間違えた」と思ったエピソードを4つご紹介していきます。何が女性を追い込んだのか、詳しく見ていきましょう。

優柔不断で頼りにならない

「付き合っているときは優しくて包容力のある人だと思いました。でも、いざ結婚すると何一つ自分で決断できなくて……。優しいんじゃなくて、ただの優柔不断だったみたい」(28歳女性/事務)

▽ 一見優しい性格の男性の中には、受け身すぎて頼りにならないケースが少なくありません。「責任を取りたくない」「無難に済ませたい」などの理由から、何でもOKしてしまう心理があるようです。面倒ごとから逃げているのかもしれませんね。

飽きた途端に態度が急変

「『運命かも』と思うくらい情熱的な恋愛で、そのままスピード婚しました。ずっとラブラブでいられると思ったけど、彼のほうが飽きちゃったみたい。明らかに冷たいし浮気もされるようになって、そのまま離婚しました」(27歳女性/受付)

▽ 「恋愛感情が続くのは3年まで」とよく言われますよね。それまでに信頼関係を構築できれば大丈夫なのですが、スリルを求めるタイプの男性は飽きて態度が急変しがちです。

家事を一切してくれない

「ずっと実家暮らしだった彼は、同棲後もまったく家事をしません。家事がどれだけ大変なのか分かっていないと思います。なのに、お願いすると『サボるな』って言われるし、価値観が古すぎますよ」(25歳女性/販売)

▽ 毎日の家事はかなりの負担。家事に理解のない男性と同居すると、「女性がするもの」と押し付けられてしまうなんてことも……。一人暮らし経験のない男性と同居する際は、事前に話しておいたほうがいいかもしれませんね。

仕事が続かない

「とてもタイプな男性だけど、すぐに仕事を辞めちゃうところが欠点で……。このまま結婚したらマズいですよね。もう4年も付き合っちゃったから、定職についてくれないと困ります」(30歳女性/公務員)

▽ 「安定した職につかない」「仕事が続かない」「極端に低収入」となると、結婚にリスクが伴いますよね。付き合っているときは問題にならなくても、将来を考えると大きな支障と言えます。

付き合い始めたばかりの時期は、なかなか相手の欠点に気づけません。意識的に冷静になる瞬間を作ったり、周囲の意見を取り入れることが大事なのかも。また、慎重だとしても相手選びを間違えることはあります。自分のせいと思って無理をしすぎず、早めに距離を置いてみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/3 14:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます