レコードで癒しを! おすすめ一体型レコード対応コンポ5選

拡大画像を見る

 時代はデジタル全盛期であり、アナログ媒体であるレコードも一度は絶滅の危機に瀕した。しかしながら、最近はレコードの人気が再燃し、レコードの生産数は右肩上がり だという。癒しの音が得られるレコードは秋の夜長に楽しむのにピッタリだ。レコード一体型のコンポなら手軽にレコードに親しむことができる。

●デジタルにはないレコードの魅力とは?


 レコードが復権している理由はどこにあるのだろうか。あらためてレコードの魅力について考えてみよう。

●柔らかな癒しの響きが得られる


 レコードは、最近主流のデジタル音楽再生機器と違い、再生時のノイズが乗るなど、数値特性的には決して良い音とは言い切れない面がある。ただ、脳波を調べるとレコードのほうがCDよりもリラックスできるという研究結果 もあり、人間はレコードのほうが心地よい音と感じるようだ。現代人はストレスが多く、癒しを求めているという。レコードに耳を傾けてみるのもいいかもしれない。

●ジャケットがおしゃれ


 レコード盤はCDよりもサイズが大きい。そのため、それを収納するジャケットもおのずと大きくなり、その大きなキャンバスを使ったおしゃれなデザインのものが多く存在する。なかには「ジャケ買い」といい、ジャケットのカッコよさを優先して購入する人もいるほどだ。ぜひお気に入りのジャケットを持つレコードを探してみてほしい。

●インテリアの一部としても使える


 デジタル音楽再生機器は内部が見えず、どこか無機質で、冷たい印象を持つものが多い。これに対して、レコード再生機器は大きなターンテーブルや長いアームが外から見え、それらのデザインに凝ったものが多い。再生するときにはそれらが実際に動作する様子も見られる。インテリアの一部として飾っても見栄えがする。プレーヤーだけでなく、先述のジャケットもかっこいいうえに薄くて壁掛けにもしやすく、プレーヤーと組み合わせて統一感のあるインテリアになるだろう。

●おすすめの一体型レコード再生対応コンポ5選


 これからレコードを始めたい初心者は、スピーカーやアンプがセットになった一体型のレコード再生対応コンポから始めるのがおすすめだ。これさえ買えばレコードを聴けるため、手軽に始められる。おすすめの一体型レコード再生対応コンポ5選を紹介しよう。

●TEAC LP-R550USB-P


 TECのLP-R550USB-Pは、レコードだけでなくカセットテープの再生にも対応している。最近はカセットテープも復権している といい、どちらも一台で楽しめるのが魅力だ。また、レコードやカセットテープの音をCD-R/RWに録音する機能も便利。大切に保管している音源をデジタルの形で残せるのだ。また、パソコンで録音するためのUSB端子もあり、本格的な音楽編集にも役立つだろう。

●とうしょう TT-386W


 とうしょう TT-386Wには、今や懐かしいWカセットデッキが搭載されている。カセットからカセットへの録音はもちろん、レコードやラジオの音をカセットに録音することもでき、さまざまな音源をカセットテープにしてテープならではの音を楽しめる。見た目はシックな木目調仕上げのため、インテリアとしてもピッタリ。昔懐かしい雰囲気に惹かれる人もいるはずだ。

●ION Audio Superior LP IA-TTS-026


 ION Audio Superior LP IA-TTS-026はデジタルとアナログの融合が魅力。Bluetoothに対応してスマートフォンからの音楽再生に対応するほか、USBメモリ内の音楽を再生することもできる。もちろん、レコードやカセット、CD、ラジオにも対応し、レトロな見た目とは裏腹の高機能なコンポといえるだろう。本機で再生した音をUSBメモリにデジタルファイルとして録音することも可能。レコードやカセットに収録された音楽の保存はもちろん、一期一会のラジオ番組を録音するのにも便利だ。

●クマザキエイム MA-811


 クマザキエイムのMA-811は全部入りといっていい多機能さが特徴の一体型コンポ。レコード、CD、カセット、ラジオだけでなく、SDカードやUSBメモリ内の音楽再生にも対応。さらに、CDプレーヤーのほかCDレコーダーも搭載しており、CDからCDへのダビングも可能だ。また、Wカセットデッキなので、カセットのダビングもできるなど、録音機能も充実している。木製キャビネットの筐体にはステレオスピーカーが内蔵され、コンパクトで置き場所に困らないだろう。リモコンもついており、離れた場所からの操作に便利だ。

●YAMAZEN キュリオム MRP-M100CR


 YAMAZEN キュリオム MRP-M100CRは昔のオルゴールやラジオのようなレトロな見た目が魅力。一見するとレコードとラジオくらいしか使えなさそうだが、本体正面下部にCD、右側面にカセット、USBメモリ、SDカードを挿入でき、マルチに活躍できる。USBメモリとSDカードには録音機能があり、さまざまな音源の音楽を保存することが可能。ライン出力があるため、本格的なオーディオ機器に接続してより良い音で楽しむこともできる。

●レコード入門には一体型コンポがおすすめ


 人気が再燃しているレコードだが、本格的なレコードプレーヤーだとアンプやスピーカーなど選ぶものが多く、ものによっては必要な費用もかさんでしまう。レコード再生対応の一体型コンポなら、必要なものが1つにまとまっており、値段も比較的リーズナブルだ。レコードが奏でる癒しの音を、秋の夜長に楽しんでほしい。(ライター・ハウザー)

関連リンク

  • 11/3 17:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます