前田有紀 アナウンサーを辞めて「フラワーアーティスト」になった理由は?「『これって幸せなのかな…』って思うようになって」

拡大画像を見る

恵俊彰がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「東京海上日動 presents Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~」(毎週土曜 15:30~15:55)。10月30日(土)、11月6日(土)放送のゲストは、元・テレビ朝日アナウンサーで、現在はフラワーアーティストとして活動する前田有紀さん。この記事では、10月30日(土)放送の模様を紹介します。


前田有紀さん、恵俊彰



◆アナウンサーを目指したきっかけは?

恵:前田さんは、テレビ朝日のアナウンサーだったんですよね?

前田:2003年~2013年までの10年間、アナウンサーをしていました。

恵:アナウンサーを志したきっかけは?

前田:4つ上の姉がいるんですけど、私がアナウンサーになる前からテレビ東京で記者として働いていたんです。政治部や経済部を渡り歩いていた姉に「テレビ局の仕事ってどう?」って聞いたところ、「365日、同じ日がなくてすごく楽しいよ」と勧めてくれたんです。

恵:なるほど。

前田:就職活動で商社や広告代理店なども受けようと思っていたなかの1つにメディアもあって。そのなかでも早かったのが、テレビ朝日のアナウンサーの試験でした。受けてみたところ、本当に運良く受かることができて、けっこう勢いでアナウンサーになっちゃいました(笑)。

恵:いろいろな選択肢の1つだったわけですね。

前田:そうですね。なりたいからなれる職業ではないと思っていたので。そう言えば、航空会社のパイロットも受けました。

恵:パイロット!?

前田:やりたいことがたくさんある学生だったので、「海外にいっぱい行ける商社もいいな」「いろいろなCMを手がける広告代理店も面白そうだな」って興味が広がっていたので、知っている企業は“全部受けるぞ!”って気持ちでいました(笑)。

恵:テレビ朝日に在籍していた10年間は、駆け抜けた感じでした?

前田:思い残すことがないぐらいに駆け抜けました。

◆アナウンサーを辞めてイギリスへ

恵:前田さんが「お花を仕事にしたい」と意識したのは、いつ頃なんですか?

前田:(テレビ朝日に入社して)5年目ぐらいで仕事にも慣れてきて、ふと自分の暮らしに目を向けるきっかけがあったんです。仕事ばかりしていて、家に帰ると部屋が散らかっていて、なんとなく「これって幸せなのかな……?」って思うようになって。

仕事はすごく楽しかったですし、充実していたんですけど、「暮らしを幸せにしてこその人生なんじゃないかな?」と思うようになって、お花を飾り始めたのがきっかけです。

恵:それは、ゆとり(のある暮らしを求めて)ですか?

前田:自然が恋しかったので、お花を飾ることで「部屋のなかでも“自然の息づかい”を感じたい」と思ったんですよね。不思議なんですけど(部屋に)お花が1輪あるのと、まったくないのとでは全然違うんです。

1輪あるだけでも部屋が明るくなって、急に季節が部屋のなかに飛び込んできて。ゆっくり咲いて枯れていく姿に、せかせかと生きていた自分とは違う時間軸を持ったお花の存在が、やすらぎに変わっていったんです。

恵:運命の出会いだったんですね。

前田:私にとってはそうだと思います。

恵:(さまざまなものがある)自然のなかでも、お花だったんですね。

前田:そうですね。それから少しずつお花を飾る量が増えたり、習いに行ったり、いろいろなことをしているうちに、ふと「お花を仕事にしてみたい」と思うようになったんです。

恵:へぇ~!

前田:ただ、私はテレビ局の会社員として人生をしっかりと歩んできているなかで、(そのことを)親にちょっと話したら「なにを言っているの!? かじりついてでも会社員でいるべき!」と言われてしまって(笑)。

恵:(アナウンサーの肩書きを捨てるのは)もったいないというのが周りの反応でしょうね。

前田:一番身近な親もそう言っていたので、「そうだよね……。ちょっと夢を見過ぎなのかな?」と思って、諦めた時期もあったんです。でも、少し経つと「やっぱり人生一度きりだし、自然に関わる仕事をしてみたい!」って、どんどんそっちに気持ちが向くようになってきて。

そのようななかで、親を説得して、自分のなかでも準備を少しずつ進めていきました。休みの日に生け花やフラワーアレンジメントを習いに行って、突破口を探していましたね。大きな一歩を踏み出す一番のきっかけは、「イギリスに留学してみたい!」と思ったことでした。

恵:それは、お花がらみの留学?

前田:はい。自然に関わる仕事には、どんな仕事があるのか調べていたんです。花屋、造園、ガーデニングなどいろいろあるなかで、なにかとイギリスが出てくるんですよ。

そんななか、コッツウォルズという地方の風景の写真を見つけたんです。すごくきれいで、中世の景色がそのまま残っている田園地帯なんですけど、「ここに行こう!」「ここに行けば、いろいろなことがわかる気がする」って思って(笑)。

そんなときに、たまたまコッツウォルズでガーデニングのインターンを募集しているお城を見つけて。応募してみたら「来てもいいよ」となって、それで(イギリスに)行くことにしました。

恵:ちょっと待って!? そのときは、まだ会社員ですよね?

前田:そうなんですよ。

恵:会社には?

前田:(イギリス行きが)決まってから、会社に辞めることを伝えました(笑)。

恵:ちょっと休ませてくださいではなくて!?

前田:はい。辞めますということで。

恵:反対していたお母さんは?

前田:最後は「やってみたら?」と言ってくれました。会社員を辞めることにすごく大きな不安があったんですけど、どうしても好奇心が上回っていくんですよ。コッツウォルズの風景も見てみたいし、お城でのインターンにもチャレンジしてみたいって。「(ここに行けば)自分なりに、なにかを見つけられるのでは?」っていう気持ちで行きましたね。

次回11月6日(土)の放送も、引き続き前田さんを迎えてお送りします。イギリス留学を終えて日本に戻ってからのこと、独立するにあたり大変だったこと、今後チャレンジしてみたいこと……などの話が聴けるかも!? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月7日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:東京海上日動 presents Challenge Stories~人生は、挑戦であふれている~
放送日時:毎週土曜 15:30~15:55
パーソナリティ:恵俊彰
番組Webサイト:https://tfm.co.jp/challenge/

関連リンク

  • 11/3 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます