爆問・太田光、TVから消えたら「おれが『ご愁傷さま』」選挙特番を反省

拡大画像を見る

 爆笑問題の太田光が3日未明に放送されたTBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」に出演し、10月31日のTBS系選挙特番「選挙の日2021」での態度を反省した。

 太田は、小選挙区での苦戦が伝えられていた自民党の甘利明氏に「ご愁傷さま」、二階俊博氏に「いつまで政治家を続けるつもりですか」とコメントするなどして、ネット上で炎上していた。

 選挙後初の放送で太田は「怒ってるね、日本中が」と受け止めた。ネットの反応も「ちょっと見た」ことを明かし「非難ごうごう。おっしゃるとおり、いちいちごもっとも。何の反論もできない。『とにかく態度が悪い』とか」と素直に反省した。

 「テレビから消えろ」という意見もあったことを受けて「おれを許せないっていうなら、テレビから消えるしかない。そのときは『ご愁傷さま』っておれが甘利さんに言われちゃうよ」と“ブーメラン”の可能性にも言及。相方・田中裕二も「『いつまで続けるんですか』ってな」と二階氏に対する太田のコメントを引用し、笑いを誘った。

 番組冒頭の約40分をかけて、笑いもまじえつつ思いを語った太田。政治家は落選したら、タレントは出演依頼がなくなれば、どちらも「ただの人」になるという共通点も指摘し、態度の悪さは反省した。最後は「怒らせようと思ってるわけじゃない。おれなりに真摯(しんし)に全員に向き合った」と番組に込めた気持ちも伝えた。

関連リンク

  • 11/3 16:29
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    11/3 19:40

    二階にはまだまだ過激でも良いけどね、甘利の最後の御愁傷様は不味かったね。たかがチンピラ芸人の癖に上から目線でね。まあ消えても構わんがどうなるかね。

  • 国民の気持ちや思っている事を代弁したからなあ。

記事の無断転載を禁じます