4戦残して連覇達成…家長昭博「チーム全員でここまでたどり着いた」

拡大画像を見る

 川崎フロンターレに所属するFW家長昭博が、J1連覇を達成した喜びを語った。

 川崎Fは3日に行われた明治安田生命J1リーグ第34節で浦和レッズと対戦。33分にジェジエウがこぼれ球を押し込み、先制に成功したものの、89分に酒井宏樹に同点弾を許し、1-1の引き分けに終わった。しかし、同時刻キックオフだった2位の横浜F・マリノスがガンバ大阪に0-1で敗れたことで、2年連続4度目の優勝が決定した。

 フル出場していた家長は試合後、「あまり現実がわかっていない感じですが、皆さん喜んでいただいてよかったです」とコメント。「力があるチームといい試合ができた。見ていただいたサッカーファンの皆さんにも楽しんでいただけたのかなと思います」と喜びを口にした。

 昨シーズンの歴代最速優勝に並び、4試合を残しての優勝決定となった川崎F。家長は今シーズンのチームについて「粘り強かった。チーム全員でここまでたどり着いた。チーム全員の力が際立っていたと思う」と語り、次のように今シーズンを振り返った。

「毎年新しいチームになる。今年は若い選手が多く、途中で代表クラスの選手も抜けたので、苦しいシーズンでしたけど、一人ひとりが毎日向上することを目的にやってきたので、非常にいいチームになったと思います」

 また、家長は「今日で終わりだったら最高なんですけど(笑)」と語りながら、「あとリーグ戦が4試合、天皇杯が2試合あるので、王者らしい試合ができればと思います」と残りの試合へ意気込みを語った。

関連リンク

  • 11/3 15:43
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます