有村架純、山田裕貴と共に“今年の顔”選出に「すごくうれしかった」と笑顔

 女優の有村架純、俳優の山田裕貴、眞栄田郷敦が3日、都内にて開催された日経トレンディ「2021年ヒット商品ベスト30」「2022年ヒット予測30」先行発表会に出席。山田と親交のある有村が、共に“今年の顔”に選ばれたことを「すごくうれしかった」と喜ぶ一幕があった。

 毎年恒例となっている同イベント。2021年は“今年の顔”に有村と山田、“来年の顔”に眞栄田が選ばれた。また「2021年ヒット商品ベスト30」には、1位「TikTok売れ」、2位「ウマ娘 プリティダービー」、3位「シン・エヴァンゲリオン劇場版」などがランクイン。「2022年ヒット予測ベスト30」には、1位「Miles/ANA Pocket」、2位「冷凍食品専門スーパー」、3位「NFTトレカ/アート」などが選出された。

 今年で俳優活動10周年だという山田は「10周年で、こういった場に選んでいただいていろんな思いがあふれてきます」としみじみ。最初に話を聞いた時には「嘘でしょ」と思ったそうで、「『もっと活躍している人いるよ、本当に僕ですか』って大笑いしてしまいました。不思議で仕方ないくらい自覚がなくて、ただ目の前にある作品を1個1個やってきただけなので『俺でいいの』って思いでいっぱいでしたね」と心境を語った。

 有村は、自身が今年の顔に選ばれることを「到底想像もしていなかった」と告白。共に登壇した山田については「長年付き合いもある役者さんなので個人的にはすごくうれしかったです」と笑顔を浮かべた。

 さらに「自分としては、作品に携わる時にはなんら変わりなく、ひとつひとつ誠実に紡いでいきたいなという思いでやってきたのでピンときていない部分はあるんですが、作品を見ていただいた方々の心に残った作品たちが今年は運良くあったのかなと思います」とコメント。「一緒にお仕事していただいた方々が今回のこの日をうれしく思ってくれてたら幸せだなと思います」と続けた。

 有村と親交のある山田も「普段は“かっすん”と呼ばせていただいている」と明かし、「一緒に立たせてもらっていることに感慨深いものがありますね」と、有村と顔を見合わせていた。

 有村は「今年も『お芝居好きだな、楽しいな』という気持ちがさらに増しました。そういう気持ちになれることがなにより幸せ」と喜びを口にし、「映像界を盛り上げられるひとりになれるように、貢献できるようにこれからも頑張りたいしたいと思います」と来年以降に思いを馳せた。

 また、来年の顔に選ばれた眞栄田は「来年はもっともっと今年以上に挑戦していきたいなという思いでわくわくしています」と発言。「来年の顔に恥じないような活動を日々積み重ねていきたいです」とますますの活躍を誓った。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/3 12:40
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます