「ひるなかの流星」やまもり三香が永野芽郁“優子”を描く応援イラスト到着『そして、バトンは渡された』

拡大画像を見る

永野芽郁が、4回苗字が変わった主人公を演じる映画『そして、バトンは渡された』が現在公開中。この度、漫画家・やまもり三香が本作の主人公・優子を幻想的に表現した応援イラストが公開された。




やまもりさんといえば、永野さん初主演映画『ひるなかの流星』の原作者。今回公開された優子のイラストは、明るく振り撒く笑顔ではなく、物語の重要な場面で大粒の涙を流す姿が切り取られている。悲しさではなく、本作における温かみや柔らかさが色使いで表現されており、美しく、幻想的なイラストに仕上がっている。

本作を先行して鑑賞したやまもりさんは「ある場面でそれまでの全てが繋がり、『そういうことか~!』とハッとさせられました(観た人はきっとまた最初から観直したくなるはず)」と感想を述べ、「ご覧になった方も、まだ観てない方も、是非映画館に足をお運びください」とメッセージを寄せた。

『そして、バトンは渡された』は全国にて公開中。



(cinemacafe.net)


■関連作品:
そして、バトンは渡された 2021年10月29日より全国にて公開
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

関連リンク

  • 11/3 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます