「10・31」総選挙で大炎上!爆笑問題・太田光「全部失敗しているんです、今まで」“太田を最もよく知る男”の予言が的中!

拡大画像を見る

 爆笑問題の太田光(56)が、10月31日放送の選挙特番『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』(TBS系)に出演。太田にとって初の選挙特番だったが、番組内での太田の暴言の数々から、ネットで大炎上する事態となってしまった。

「“注目の政治家の皆さんが登場しますので太田さんに忖度なく切り込んでいただく十番勝負というのを予定しています”とフリーの小川彩佳アナ(36)が宣言し、ある意味で目玉となっていた太田と政治家との直接対決。太田のキャラ的に、ちょっと毒のある一言とか、軽いイヤミとか、そういうのはあるだろうと考えていた視聴者も多かったでしょうか、それにしてもやりすぎというか。《単に失礼なだけ》《言っていいこと、悪いことがある》というコメントがネットで多く見られました」(女性誌記者)

 たとえば、自民党・甘利明幹事長(72)との中継での際の発言だ。太田は自民党が選挙で不調な件を「どのへんが原因だと思いますか? 甘利さん、戦犯ですよね。負けたら」と問い詰める場面があった。ここまでだったらまださほど荒れなかったが、その後討論を重ねて、

「今、相当ショックな状態になっていると思いますので、まあいろいろこれから考えてください。ガハハハ」

 と爆笑、画面の甘利幹事長に対して「ご愁傷様でした」と呼びかける場面があった。

「元芸能人のれいわ・山本太郎代表(46)には、当時からのフレーズ“メロリンQ”を用いて最初にあいさつしたのはいいとして、その後の“自国通貨を発行する国はデフォルト(債務不履行)しない”という議論が過熱するも話がかみ合わずに時間切れで対談が打ち切りになった際、“あぁ、時間なくなっちゃった...あいつ態度悪いね”と、山本議員と中継が切れてからスタジオでボヤいていましたね」(前同)

■「アイツ(橋下)大ウソつきだから」「僕はあの、今回立憲民主党に入れたんですけれど」…

 さらに大阪市長でもある日本維新の会の松井一郎代表(57)に、「橋下徹が戻ってくるってことはないですよね?」「(同じ事務所だけど)僕は知らないです。何も話してないし、アイツ(橋下)大ウソつきだから」と話す場面もあり、橋下を支持する層から批判の声も出た。

「極めつけに、投票締め切り後とはいえ、ある程度中立的なスタンスをとらなければいけないはずの選挙特番のMCにもかかわらず、“僕はあの、今回立憲民主党に入れたんですけれども”と投票先を言ってしまったこともマイナスポイントとして指摘されています。番組の随所で“しゃべりすぎなのかな”“ダメだな、俺向いてないな”と太田はボヤいているあたり、自覚はあるのかもしれません」(専門誌記者)

 ネットでは、太田のこうした歯に衣着せぬ発言の数々を支持する声がある一方、

《「権力におもねらない」と「無礼」は違う。》《太田光は一体何様だ。高市さんがこんな男を相手にする必要もない。なんて失礼で下らないんだ。》《態度もデカイしなんなんだコイツは!!もうチャンネル変えたるわ!》

 と、非難轟々だった。

「実は、今回の一件について、今年8月29日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、相方の田中裕二(56)が予言とも思える発言をしていたんです。この前日、28日に爆笑問題はフジテレビ系音楽特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』で、爆笑問題が7年ぶりにダウンタウンの松本人志(58)と共演した際に大暴れしていた件を引き合いに出して、田中は太田のあるジンクスを明かしたんです」(前同)

■「お祭りの番組で成功したことが一回もない。全部失敗しているんです」

「ああいうお祭り騒ぎだと、どうにかなっちゃうから俺も」と話す太田に田中は、

「ただ、ああいうお祭りの番組で成功したことが一回もない。全部失敗しているんです、今まで」

 と、バッサリ切ったのだ。「空回り、空回りで」と太田もうなずいていた。

「思えば、19年3月に『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)のエンディングでも、フジテレビの60周年を祝う誕生日ケーキが爆発する演出の際に、クリームでベタベタになった床で滑ったポーズをとって、カメラマンを追いかけて客席に突入したり、再びステージに戻るも客席に落下するなど派手にはしゃぎまわり過ぎた結果、ステージで本当に床で滑ってしまい側頭部を強打してしまうという、一歩間違えたら危ない事件もありました。太田本人もコメントしていましたが、空回りしやすいタイプなんでしょうね」(前出の専門誌記者)

 それだけに、田中のフォローに期待したい、という声も出ている。

「昨年にナインティナインの岡村隆史(51)がラジオで“コロナが明けたら一時的に風俗に美人な女性が増える”という発言をして大炎上したり、霜降り明星のせいや(29)がウェブ会議サービス“Zoom”を使い、会ったこともない一般女性のファンの前で、突然下半身を露出したと報じられた際は、騒動後に『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で矢部浩之(50)や粗品(28)といった相方が全力でフォローをしていました。爆笑問題も、コンビで『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)や『サンデージャポン』をやっていますからね」(前同)

 田中のフォロー力に期待したいところだが、はたして?

関連リンク

  • 11/3 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます