山田裕貴・有村架純が「今年の顔」眞栄田郷敦が「来年の顔」に選出

【モデルプレス=2021/11/03】3日、都内にて「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2021年ヒット商品ベスト30」&「2022年ヒット予測ベスト30」の先行発表会が行われ、「今年の顔」として俳優の山田裕貴・女優の有村架純、「来年の顔」として俳優の眞栄田郷敦が登壇した。

◆「今年の顔」は山田裕貴&有村架純

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」「東京リベンジャーズ」「100日間生きたワニ」と複数の映画に出演し、7月期の日本テレビ系水曜ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演したことでも話題となった山田は、ブラックのスーツで登場。「嘘でしょ(笑)。もっと活躍してる人いるでしょ。何で僕が今年の顔なんだろうと不思議で仕方がない感じなんですけど」と驚きつつ「こうやって今年の顔に選ばれることによって僕ら俳優の期待値・ハードルが上がりますから、人間的にも気合を入れなきゃ。もちろん気合を入れて生きてきたんですけど、もっと気合を入れて生きていかなきゃなと思いました」とこれからの活動に意気込んだ。

有村は「花束みたいな恋をした」「るろうに剣心最終章The Final/ The Beginning」と話題作で続々とヒロインを演じ、4月期に放送された日本テレビ系土曜ドラマ「コントが始まる」でも存在感のある演技を光らせ話題に。胸元が開いたセクシーなブラックドレスで登場し「一緒に登壇できるのが山田さんということで、長年付き合いのある俳優さんなので個人的に嬉しいです」と山田と共に選出されたことに喜びの思いを示し「自分としては作品に携わるときには何ら変わりなく誠実に紡いでいきたいなという気持ちでいたので、ピンと来ていない部分はあるんですけど、自分だけの力だけでなく作品を見てくれる人たちがいて、その心に残った作品たちが運よくあったのかなって思いますし、一緒にお仕事をしてくださった方々が今回のこの日を嬉しく思ってくれてたら幸せだなと思います」とコメントを寄せた。

◆「来年の顔」は眞栄田郷敦

7月期に放送されたTBS系火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」で数多くの視聴者を虜にし、「今年の顔」である山田とともに「東京リベンジャーズ」にも出演した眞栄田が「来年の顔」に選出。「来年はもっともっと今年以上に挑戦していきたいなと言う気持ちでワクワクしているんですけども、来年の顔に恥じないようにお仕事を積み重ねていくだけかなと思います」と意思を表明した。

◆「2021年ヒット商品ベスト30」&「2022年ヒット予測30」発表

「2021年ヒット商品ベスト30」は2020年10月から2021年9月の間に発表・発売された商品・サービスを対象にヒットの度合いを評価した。具体的には【売れ行き】【新規性】【影響力】の3項目に沿って判定。

1位に選ばれたのは「TikTok売れ」。利用者1,000万人を突破した同サイトが“最強コマースサイト”に進化。グミから高級車まであらゆるモノが売れた。2位には累計1,000万ダウンロードを突破したゲーム「ウマ娘 プリティダービー」、3位には新劇場版4部作がついに完結を迎えた「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が選ばれた。

そして、2021年10月から2022年9月の間に発表・発売されそうな商品・サービスを対象にヒットの度合いを予測した「2022年ヒット予測30」の1位には、徒歩でも電車でも“マイル”を貯めることのできるアプリ「Miles/ANA Pocket」が選出。続く2位にはコロナ禍の影響で冷凍食品の需要がかつてないほど膨れ上がっていることから「冷凍食品専門スーパー」、3位には資産価値のあるアートやトレカをデジタル上で個人が高値で取引する「NFTトレカ/アート」がランクインした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/3 10:31
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます