「くしくらべ」ではありません。「櫛比」の読み方、知っていますか?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255227/ )

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「櫛比」です。

「櫛比」の読み方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255227/ )

「櫛比」は

すきまなく並んでいる、くしの歯。また、くしの歯のように、すきまなく並ぶこと。

出典元:精選版 日本国語大辞典

を意味します。

「櫛」をすぐに「くし」と読めた人、お見事です!しかし「櫛比」の「櫛」を「くし」と読んでしまうのは間違い。「櫛比」は「くしひ」でも「くしくらべ」でもありません。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/255227/ )

「しっぴ」です。

「櫛」の読みは

音読み シツ 訓読み くし・くしけず(る)

で、音読みでは「シツ」と読みます。 「シツ」と読む言葉で代表的なものは「櫛比」の他に、非常に苦労することを例えた四字熟語「櫛風沐雨(シップウモクウ)」が挙げられます。それ以外ではほとんど「くし」と読む言葉が多い印象です。“くしの歯のように並ぶ”を意味する「櫛比」は、その意味と読みをまとめて覚えてしまうことをおすすめします。

「櫛る」とあったら「くしけずる」

「櫛」の読めそうで読めない言葉には、先で紹介した訓読み「くしけず(る)」が挙げられます。「櫛」で「くし」と読めますが、送り仮名「〜る」がついた時「くしる」と読まないよう注意してください。

「櫛る」とは

くしで髪をとかして整える。髪をすく。

出典元:くしけず−る|言葉|漢字ペディア

を意味します。

また「梳る」と書くこともできます。公益財団法人日本漢字能力検定が運営する「漢字ペディア」の「梳る」の意味には“「梳く(すく)」と同じ”と書かれていましたが、「梳く」もまた“髪にくしを通す。髪をとかす。くしけずる。(出典元:す−く|言葉|漢字ペディア)”を意味する言葉です。

本記事をきっかけに、くしで髪をとかすことを意味する

櫛る 梳る 梳く

を思い出していただけると幸いです。

 

関連リンク

  • 11/3 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます