「出会いがない」のは誰のせい?現場主義のススメ/長井短

寒すぎじゃない? 冬が懐かしくて嬉しい気持ちと、いやもうちょい秋やらせろよって気持ちで自律神経が乱れまくっています。みんな元気? 緊急事態宣言が明けて、少しずつ、友達とお茶したりしています。ダチに会って気付くのは、私こんなに話したいことあったんか〜い! ってこと。一人でいるのに慣れて忘れてたけど、やっぱダチは最高。ダチ大好き。人間関係の原点回帰が起きました。そして、ダチはいつでも私に大切なことを思い出させてくれます。「現場主義」です。

コロナで街に出られなくなったり、テクノロジーのおかげで自宅にいても世界中の人と出会えるようになったりと、うちらを取り巻く環境はぐんぐん変わる。でも! その時ギャルが言ったのです。「結局アタシ現場主義」あぁ…現場…そうだよなやっぱ現場だよな現場…! ということで今月は「出会いがない」と嘆くすべての人に捧げる、現場主義のススメです。

虚空を見つめる現場主義

「出会いがなくて〜」

ほとんどの人間が一度は口にしたことがあるこの言葉。実際私も毎晩飲み屋でつぶやいていた時期があります。女子校の友達や、会社に若い人がいない友達からもめちゃくちゃ聞く。そういう子は街コンに行くとかTinderをやるとかして自ら出会いを掴みに行くけど、結局それでも、一周回って「出会いがない」と熱燗を煽るのだ。何故だ? めちゃくちゃ出会ってるはずなのに、どうして「出会いがほんとないの!!」に戻ってきてしまうのだろう。

それに対して、私のマブダチことマブギャルから「出会いがない」という嘆きを聞いたことはない。マブギャルの職場だって男女比の偏った会社だし、っていうかそれを言い始めると「出会いの多い会社」なんてないのでは? そもそも職場だしなって気もしてくる。じゃあなんで、マブギャルは「出会いがない」と言うこともなく、かつお楽しみを続けられているのか…それは彼女が現場主義だからに他ならない。

現場主義の朝は早い。マブギャルは最近、朝6時に起きて近所を散歩するらしい。まぁ正直、それは全然現場主義のイズムとは関係ないと思うけど、一応伝えておくと早起きらしいよ。そこから仕事に行ったり、休日なら用事を済ませたりする中で、マブギャルは真っ直ぐに世界を見つめ続ける。例えば、休日朝起きて、ちょっと買い物に行くとするじゃん。みなさんはその道中の電車の中で、何をして過ごしますか? 私はほとんどの場合スマホでパワプロをやっちゃうんだけど、多分これは減点。せっかく目の前にうじゃうじゃ人間がいるのに、ただの光る板を見てるのはあまりにも勿体無い。

これは私の勝手な印象ですが、マブギャルはスマホを見つめているイメージがあまりない。会話の切れ目にすぐスマホを見たりしないし、昔から時間が空いた時にはただ虚空を見ていられる人間だった。‥強くない? 虚空を見ている時間というのはつまり、虚空もこちらを見ているわけで、マブギャルは長時間、世界に対して顔を売っているのだ。これは現場主義ポイントが高いですねぇ! だってさ、どれだけタイプの人でも、見えなきゃ気づけないわけじゃん? 同じように見なきゃ気づけないし、つまりうちらはスマホを見ているせいで、月平均23回(当社比)出会いを逃しています!! さぁみなさん。面をあげよう? それだけで、出会いの確率は大きく上がります。

ここもそこも全部現場

さて、次に現場主義の’現場’とは…? いったいどこのことを指すのかについてです。結論から言うと、全てです。皮膚科も美容院もよく行くコンビニも現場に該当します。合コンをはじめとした、最初から出会いを目的とした場ももちろん現場に含まれますが、’現場’の指し示す範囲がお膳立てされた場所だけに留まっているうちは、どうせ2秒後に出会いがないと嘆き始めるから注意な。そのレベルはまだまだ出会い赤ちゃんです。

全ての目的地、および通過地点が現場であると考えると、一気に世界は広がる。そういえばあそこのセブンの店員さんいいな…とか、ちょっと整体行く頻度増やそうかな…から始まって、え待って? 冷静に見るとアタシの美容師結構良くない? って発見が生まれたり、てかこの街お洒落な人ばっか住んでない? 出会い村か? 契約更新だわ〜ってテンション上がったり。目に映る全ての人をエロい目で見るのはやりすぎだから注意だけど、現場主義として世界を見張る毎日は刺激的なはずだ。きっと生活にハリが出始める。

大切なのはこのハリで、実際にセブンの店員に連絡先を聞くとかナンパをぶちかますっていうことじゃない。「あそこに気になる人いる」っていう状態をどれだけ作れるか。生活スゴロクの中にいくつハートマスを設定できるかで、スゴロク自体の楽しさが変わってくる。そして、楽しい人は「出会いがないンゴ〜」とは言わないし、言わない人の方が多分モテる。世界に対して積極的に生きている人の方が輝いて見えるから。

現場主義ネキ・マブギャルが私に教えてくれたのは、私自身の視野の狭さだった。

「お前の世界が狭いのは、お前の瞼が落ちてるからだ」はい、そうです。

「出会いがないと嘆くのは、口元まで運ばれた食べ物しか食せなくて泣く赤ちゃんと同じだ」はい、その通りです。
「じゃあ、お前はどうする?」私は、大人ですから、自分で食べ物を買いに行き、調理し、食します。それと同じように、自分で街に出て、人を見つめ、ここだと感じたら動きます。
そう…それが現場主義ってもんよ…出会い赤ちゃんはそろそろやめて、二足歩行で出会いに出かけましょう。

長井短さんに質問・相談したいことを募集

長井短さんに質問や相談したいこと、また、書いてほしいテーマなどを現在募集しています。ドシドシ送ってね。

応募する


画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/3 11:00
  • AM

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます