女性お笑いトリオ「ぼる塾」大活躍もなぜかCMが不評なワケ

拡大画像を見る

 女性トリオの若手芸人として頭角を現してきた「ぼる塾」。現在、育児休暇中の酒寄希望をのぞき、田辺智加、あんり、きりやはるかの3人で活動している。冠番組の「ぼる塾のいいじゃないキッチン」(テレビ朝日系)、ぼる部屋(九州朝日放送)でMCを務め、「ラヴィット!」(TBS系)で月曜レギュラー、「坂上&指原のつぶれない店」(TBS系)で不定期レギュラーを務めている。

 これらの活躍を証明するのは、給湯器交換専門店のCMに選出されたことだ。その内容は、田辺の顔が右向き、左向きのアングルで大アップに。すると、あんりのドアップ画面となり「アップにし過ぎだろ! 変なインパクトとかいらねえんだよ!」とキレ気味のセリフが流れる。

 人気タレントの証でもあるCMデビューなのだが、これがあまり評判がよろしくないのだ。ネットには「とても失礼で悪印象」「『不快』以外の何物でもない!」「CMのせいで番組替えたくなるくらいには不快」「直ぐにチャンネル替える。見たくないし、言葉遣いが悪いよなぁ。 イメージ悪いぞあのCM」など、概ね不評だ。

「田辺もあんりもボリュームのある顔なので、アップになると圧がスゴイ。それに加え、アンリのセリフが乱暴な言葉なので、余計に威圧された気分になるのかもしれません」(女性誌記者)

 作り手サイドの思った以上に、視聴者にインパクトを与えてしまったようだ。

関連リンク

  • 11/3 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます