V6「11.1」解散でどうしても気になる「最後のシングル大物」三宅健の「結婚」と「お相手」

拡大画像を見る

 11月1日に解散ライブを終え、26年の歴史に幕を閉じたV6。同日深夜(2日午前0時)に行われた、三宅健(42)がパーソナリティを務めるラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)は、初の生放送となった。

 解散を機に新たにインスタグラムを開設したことや、現在の心境などを語る三宅だったが、ラジオの途中には解散ライブ直後の長野博(49)と井ノ原快彦(45)も乱入。ラジオを大いに盛り上げた。

 冒頭こそ「ラジオが始まるほんの1秒前まではV6だったんですけど。ラジオが始まったこの瞬間から、個人の三宅健として、みなさんに声を届けている」「本当にいろいろな方にV6を見届けていただいて、終わりを向けられたと思っています」としみじみ語ったり、ファンやスタッフに感謝の言葉を送ったりしていた三宅だったが、放送残り10分ほどのところで長野と井ノ原が登場。

「三宅が、開設したばかりのインスタグラムでさっそくインスタライブを試していたところ、急に“ティガだぞー。ティガが来たぞー”“映しちゃだめだぞー”と、96年に長野が『ウルトラマンティガ』(TBS系)主演だったことにちなんだ枕詞でいきなり登場したんです。三宅いわく2人とも“片手に酒持ってる”状態だったらしく、テンションがほろ酔い気味でした。もっとも井ノ原によると“お茶だよこれは!”だそうです(笑)。この瞬間、どこかしんみりしたムードが消えて、いつものV6になりましたね」(女性誌記者)

 井ノ原は「堂本剛から俺たちに6人分V6エンジン描いたトレーナーをプレゼントしてくれた」と堂本剛(42)から手土産をもらったことを報告したほか、ライブ終演後、会場に駆け付けたTOKIO・国分太一(47)が音頭を取り、KinKiKids・堂本剛(42)や嵐・松本潤(38)らから、ねぎらいの言葉をもらったことなどを明かした。

■次は三宅がトニセンのラジオに

「長野と井ノ原が一緒に帰っている途中に、三宅が渋谷でラジオの収録をしている話が出てきて、井ノ原が“長野君送った後に、俺を送ってくれないか”とマネジャーに話していたら、長野に“俺も行くよ”と言われたそうです」(前出の女性誌記者)

 トーク時間こそ短かったが、

「これからはV6はなくなっちゃったけど、個人個人で活動してくから、1人1人にスポットライトを当てていくって意味で、この曲を選びました」

 と切り出して、三宅がV6が15年にリリースした『SPOT LIGHT』を流したほか、最後には井ノ原が「言っちゃうけど、死ぬわけじゃないから」というと「そう。俺らは死ぬわけじゃない。アイツ(森田剛)も言ってたじゃん。“これでサヨナラじゃないから”って」と唯一ジャニーズを抜けた森田剛(41)の話題を出し、最後には、

「俺たち(20th Century)のラジオにも出ろよ!」

 という井ノ原のオファーも快く承諾し、“ソロタレントの三宅”とって初収録となったラジオは幕を閉じた。

「解散早々、いつまでも関係は変わらないんだろうな、と思わせてくれたファン感涙の内容となっていました。ただ、解散といえば、気になるのは恋愛事情についてです。

 V6はメンバーの過半数が既婚者という珍しいアイドルグループでしたが、解散したことで一区切りつき、独身の三宅にとっては、より結婚に踏み切りやすい環境になったわけですからね」

 V6は井ノ原が07年に瀬戸朝香(44)、16年に長野が白石美帆(43)、17年に岡田准一(40)が宮崎あおい(35)、森田が18年に宮沢りえ(48)と結婚。独身の坂本昌行(50)に関しても、元宝塚歌劇団雪組トップで現在も人気舞台女優の朝海ひかるとの交際がささやかれている。

「V6は結婚・交際相手がもれなく大物女優ですよね。独身の三宅も、03年には歌手の安室奈美恵(44)との半同棲生活が『FRIDAY』(講談社)で報じられたり、13年には『女性セブン』(小学館)に女優の柴咲コウ(40)の自宅マンションを訪れて1時間滞在した様子が報じられたこともありました。いずれも過去の話ですが、現在はモデルの比留川游(ひるかわ・ゆう/35)との熱愛がささやかれています」(前同)

■生粋のモテ男・三宅

 このほかにも、三宅は18年10月には『FRIDAY』(講談社)が、ハーフモデルのプリシラ(35)との熱愛を、19年6月13日発売の『女性セブン』(小学館)では、長身モデル体型のショートカット美女とのツーショット写真が、さらに、7月19日発売の『FRIDAY』で有村架純似の色白美女との相合い傘デートが報じられたりと、生粋のモテ男として知られている。

「10月30日放送の『トークィーンズ』(フジテレビ系)によると、三宅は恋人ではなくても徹底したリサーチを行って相手に花を贈るといいます。3時のヒロインの福田麻貴(33)には、花言葉が“究極の愛”だと理解したうえで、黄色いガーベラを渡していますからね」(専門誌記者)

 天性の「人たらし」として知られている三宅だが、指原莉乃(28)も同番組で三宅を前に「90年代生まれは間違いなく全員通ってる」「めちゃくちゃ好きだったんですよ!初めて好きになった異性が、三宅さん」と初恋相手だったことを明かしている。

 また、三宅本人は「何か誤解が生じちゃって、『私のこと好きなんでしょ?』とか。だから『好きだけど友達として好きだよ』って」と、勘違いさせてしまうタイプだと自覚しているようだ。

「5月29日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)でも、“なになに?なに見てるの?”と女性スタッフの手を掴んで一緒にスマホをのぞき込む行動を無意識に行ったり、道を歩いていてふと誕生日が近い友人の家を見かけた際、“サプライズでプレゼントを家のドアノブにかけたら好意を持っていると勘違いされた”という話をしていました。

 とにかく、モテまくるということは間違いない。くわえて、結婚願望はあるとたびたび言及していることからも、いずれ比留川との結婚が発表されても、不思議ではないですね」(前同)

 気づけば40を過ぎた三宅。V6を解散し、第二の人生を共に歩む女性は誰なのかーー。

関連リンク

  • 11/3 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます