コロナにキャリアを奪われたアラサーOL。人生設計がめちゃくちゃに

拡大画像を見る

 コロナ禍で多くの人が人生を狂わされている。進学に就職、結婚や出産。描いていたライフプランが崩れ、「こんなはずでは……」と絶望している人も多いだろう。

 都内在住の理沙さん(仮名・32歳)はコロナ前、海外で経験を積むために正社員を辞めた。しかし1年半経っても渡航の見通しが立たず、正社員にも戻れないまま派遣で食いつないでいる。「人生の目標を持てなくなった」という彼女。一体何があったというのだろうか。

◆サーカスを習いにワーホリを決意

「本来なら今頃、日本に帰ってきて正社員に戻っているはずでした」

 2019年の暮れ、理沙さんは働いていた人材派遣会社を退職した。人生最後のワーキングホリデー(以下、ワーホリ)に行くためだ。

 国によって違いはあるが、基本的に18歳以上30歳以下であればワーホリビザを申請できる。当時30歳だった理沙さんにとって、これがラストチャンス。海外文化に触れながら英語のスキルアップを図ろうと、オーストラリアへの渡航を決意した。

「ワーホリ自体は一度行っているんです。25歳の時カナダに飛んで、トロントのコリアンタウンに住んでいました。すっごく楽しかったんですが……語学力が今より低くて、アジア人とばかり接していたんですよね。“趣味”で繋がっていられるような現地の友人を作れませんでした」

 語学力向上と友人作り。それが前回のワーホリでやり残した事だった。

 ワーホリは各国毎に一度しか利用できない。今回オーストラリアを選んだのは、趣味が関係していた。

「趣味でサーカス芸を習っているんですが、オーストラリアはサーカス文化が盛んで、サーカス学校やスタジオがたくさんあるんです。それなら現地の友達もたくさんできるじゃん! って思って。カナダに行った時は、これといった趣味が無かったので……。習い事目的で行くワーホリは絶対に楽しいだろうなって」

◆着々と準備を進めていたが…

 退職の準備と並行し、サーカス学校やスタジオの情報収集を始めた。円満退社を経て次に取り掛かったのは、資格取得だ。

「J-SHINE(小学校英語指導者認定資格)の準資格を持っているので、正資格にしようと養成講座に通い始めました。50時間の実習が必須なので、ワーホリの準備期間で取れるなら取っておこうと。こう言うと意識高そうに見えますが、準備しながらの片手間です(笑)」

 講座に通いながら、オーストラリアでの滞在計画を詰めていった理沙さん。渡航後は2週間ホテル滞在し、地元掲示板でルームシェアの募集を探すつもりでいた。

 OLとしてのキャリアを高めるために、語学学校にも入学する予定だった。

「IELTS(※英語圏の国に留学・就労・移住を希望する人の英語力を測定するテスト)対策で、語学学校に2ヵ月通うつもりでいました。高スコアを持っていれば、現地で有給インターンに入れます。その経歴があれば、帰国後に活かせると考えていたんです」

 日本に戻ったら、海外事業部がある企業に再就職しよう――。

 自身の人生計画に胸を膨らませていた。だが、コロナ到来で彼女の夢は一気に崩れ去ってしまう。

◆コロナでビザが下りず…

「J-SHINEの正資格を取ったら、すぐにビザ申請をして飛ぶつもりでした。でもコロナで実習が無くなって座学だけになってしまい、資格が取れなかったんです……。 仕方がないので資格は諦めて、とりあえず飛ぼうとワーホリビザを申請しました」

 春から渡豪するため、昨年3月後半にビザを申請。オーストラリアはワーホリビザの年間発給枠に制限がなく、条件さえ満たしていればビザはすぐに下りる。

 しかし待てど暮らせど、ビザが下りる気配は無かった。

「申請サイトのステータスが“received(申請受理・審査中)”で止まったままの状態が続きました。最初は『コロナだから仕方ない。そのうち行けるだろう』と思って、とりあえず生活のために派遣に登録したんです」

 いつビザが下りてもいいように、2~3ヵ月の短期契約で働き始めた理沙さん。しかし何の音沙汰もないまま、申請から1年半が経ってしまった。問い合わせをしても、「30歳で申請をしているから大丈夫」以上の返事は無かったそうだ。
 
 渡航できるのか分からないまま月日だけ流れ、2021年になってしまった。短期の派遣契約を重ね、先日32歳の誕生日を迎えた。本来ならばワーホリの対象外となる年齢。公的機関からの連絡は無いままだ。

◆人生計画が完全に破綻

「昨年の3月20日までに申請してビザが下りた人には、今年3月時点で返金手続きの案内が来ているようです。私が申請したのはその後だったので対象外でした。他には案内が何もありません。申請サイトのステータスも相変わらず審査中で止まっています。ビザが下りるかもしれないし、下りないかもしれない。どうなるか分からないから、身動きが取れないんです……」

 本来なら既にワーホリを終え、夏には転職活動をして正社員で働いている予定だった。「人生計画に差し障りが出ている」と溜め息をつく理沙さん。自身の先行きに深い懸念も抱いている。

「このままワーホリに行けないなら転職活動をするつもりでいますが、年齢や経歴を考えると不安です。30代以上は転職市場で管理職を求められやすいと聞きます。でも今まで管理職の経験が無いので、その状態・年齢で今から市場に入っていけるのか……。今回のゴタゴタで、人生の目標も無くなってしまいました」

 とはいえ、渡航を完全に諦めたわけではない。もしワーホリビザが下りない場合、観光ビザを使って3ヵ月だけでも行くつもりだという。何がそこまで彼女を駆り立てるのだろうか。

◆渡航を諦めたくない理由

「旅行ではダメなのか?」という筆者の質問に対し、理沙さんはこう答えてくれた。

「旅行だと触れられるものが薄いんです。向こうで生活すると、旅行じゃ見られないものを体験できる。私、人が育った文化に興味があるんですよ。日本人って似たり寄ったりな気質や価値観じゃないですか。都会と地方ですごく変わることもないし。『日本人は日本人』みたいな。でも他の国は全然違っていて、日本人なら絶対やらないようなことをやる。それが楽しいし面白くて。そういうのって、現地に住んでみないと分からないんですよね」

 郷に入っては郷に従いたい。「他国の文化に慣れていく自分が楽しい」と語る理沙さん。今回渡航が叶わずとも、「海外に住めるような、違う文化に入っていけるような方法を考えたい」という。

 新調したスーツケースが日の目を見る時はくるのだろうか――。

<取材・文/倉本菜生>

【倉本菜生】
福岡県出身。フリーライター。龍谷大学大学院在籍中。キャバ嬢・ホステスとして11年勤務。コスプレやポールダンスなど、サブカル・アングラ文化にも精通。Twitter:@0ElectricSheep0

関連リンク

  • 11/3 8:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます