この人ならいいかも…男性の誠意を感じる「告白の場所」9パターン

好きな子に告白するなら、どれほど真剣に想っているかをきちんと分かってもらいたいもの。練りに練った告白のセリフが相手にまっすぐ届くように、最高のシチュエーションを選びたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「この人ならいいかも…男性の誠意を感じる『告白の場所』」をご紹介します。

【1】返事は今度会ったときに…と急かさない配慮が嬉しい「デートの帰り道」
「『ゆっくり考えて』と言われて、私の気持ちを尊重してくれてることがよく分かった」(20代女性)というように、どこかに出掛けた帰り道で告白すると、返答のタイミングを相手に委ねることになり、好印象のようです。反応が気になっても我慢して、スマートにお別れしましょう。

【2】その場の勢いではないことが伝わってくる「予約必須のレストラン」
「どうでもいい相手にここまでしないと思うので、私も真剣に聞きました」(20代女性)というように、人気のレストランを予約して勝負に出れば、労力を費やしただけの成果は十分に上げられそうです。静かに話ができる席を確保できるとベターでしょう。

【3】王道だからこそ、失敗を避けたい気持ちが垣間見える「夜景スポット」
「お決まりの場所を選ぶところに、真面目な人柄が表れてるなって」(20代女性)というように、夜景を前にしての告白は、定番なだけに女性も安心感を覚えるようです。個性を出したいなら、ロマンチックなテーマパークの夜景などもよさそうです。

【4】のどかな雰囲気の中、落ち着いて話ができてありがたい「昼間の公園」
「ドキドキしたけど普段通りに話せて、この人なら…と思った」(10代女性)というように、女性がリラックスできそうな環境を選ぶと、話が弾んで人柄をアピールしやすくなりそうです。相手の話にも耳を傾けて、穏やかなトークを心がけましょう。

【5】会話中にうっかり口を突いて出た告白が生々しさを感じさせる「カフェ」
「予想外の展開に唖然(笑)。でも本気なのは分かった」(20代女性)というように、カフェでおしゃべり中に、衝動的に告白するのも悪くないかもしれません。変に冗談めかしたりすると軽薄な印象を与えそうなので、想いをまっすぐ伝えましょう。

【6】人に聞かれても構わない!という情熱に胸を打たれる「学校や職場の片隅」
「周りが気にならなくなるくらい、真剣な告白にキュンときた」(10代女性)というように、あえて人目につきそうな場所を選んで、気持ちをぶつけるのも手です。とはいえ、わざと周囲に聞こえるように告白するのは、デリカシーがなさすぎるかもしれません。

【7】お酒の力を借りない告白に誠意が表れている「ドライブデート中の車内」
「同じ密室でも、部屋でお酒飲みながらだったら返事はノーだった」(20代女性)というように、お酒が入っているかいないかで、告白の印象は大きく変わりそうです。景色のいい場所に車を止めて、ムードを高めるのもいいでしょう。

【8】急に押し黙って、覚悟を決めた表情にドキッとする「夕暮れ時の海辺」
「海まで来たのはこのためだったんだ!と感激した」(20代女性)というように、夕日に輝く海など、非日常のシチュエーションを選んで、特別感を演出する方法です。人が少なくなった頃を見計らって、真摯に想いを打ち明けましょう。

【9】あの頃から!?と想いの深さに感動する「初めて二人きりで会った場所」
「『ここで告白しようって決めてた』と言われて、涙ぐんでしまった」(20代女性)というように、二人の原点に立ち返ると、生半可な気持ちではないことが伝わりそうです。当時の印象などを懐かしそうに語りながら、自分にとって相手がどれほど大切な存在かを分かってもらいましょう。

場所選びを間違えると、結果に大きく差が出そうです。納得のいく告白ができるよう、理想的な舞台を選びましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/3 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます