ドライブ中、「ナルシストな男…」と思われてしまう行動9パターン

気になる女性とのドライブデートは、二人きりの時間を満喫できるいい機会です。ところが、女性は運転中の男性の思わぬ行動を見てガッカリしてしまうこともあるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者の意見をもとに、「ドライブ中、『ナルシストな男…』と思われてしまう行動」を紹介します。

【1】信号待ちのたびに、バックミラーで髪型をチェックする。
「彼の場合、ミラーは後方確認用ではなく自分確認用だった」(20代女性)と、チラチラとミラーに映る自分をチェックする姿に、なえてしまう人は多いようです。髪型の崩れが気になっても、せめて女性が見ていない時にチェックするようにしましょう。

【2】窓に肘を掛け、片手で運転する。
「カッコいい運転の仕方だと思っている所が気持ち悪い」(10代女性)と、気取った運転スタイルを見てナルシストっぽさを感じてしまう人もいるようです。片手運転ではとっさの時に対応が遅れて大変危険なので、やめましょう。

【3】バックするとき、わざとらしく助手席に手を回す。
「『女子はこれに弱いんだろ』と言わんばかりに、わざとやってるところが嫌」(20代女性)と、ベタすぎる「モテテクニック」を披露する男性に引いてしまう人も多いようです。わざわざカッコつけず、前後左右をよく確認して、安全に駐車することに集中しましょう。

【4】特にまぶしくもないのに、サングラスをかけて運転する。
「夜にまで必要ない。似合うと言ってほしいのか?」(30代女性)と、真夏でもないのにサングラスをすることが理解できない人もいるようです。サングラスを使用するのは、強い日差しが照りつけている日だけにしておきましょう。

【5】必要以上にスピードを出したり、前の車を追い越したりする。
「そんなことよりまずは安全運転をしてほしい」(20代女性)と、スピード狂のように危険な運転をしたがる男性に、ハラハラしている人も少なくないようです。カッコつけるよりも、女性が安心して同乗できるような運転を心がけましょう。

【6】裏道を知っていると言って、どんどん狭い道に入っていく。
「ナビを見なくても分かると言っていたのに結局迷っていた」(30代女性)と、自分の土地勘を過信して失敗する男性に、ガッカリすることもあるようです。最終的に行き止まりに当たると面倒なことになりかねないので、素直に地図で調べましょう。

【7】マニュアル運転ができるのをアピールしようと、無駄にギアチェンジをする。
「オートマなのにわざわざギアチェンジする必要なくない?」(10代女性)と、マニュアル車に乗れることがステータスだと勘違いしている男性に、イラッとすることもあるようです。免許を取得したての頃は色々な操作を見せたくなるものですが、自粛しましょう。

【8】大音量で音楽をかけ、熱唱する。
「一人でラブソングを熱唱していてドン引きした」(20代女性)というように、完全に自分の世界に酔いしれている姿を見て、ナルシストだと確信する人もいるようです。思いきり熱唱したい気分の時は、一人でドライブに出掛けたほうが良いでしょう。

【9】シートの角度を異常なほど倒し、反り気味で運転する。
「『ちゃんと足ついてる?』と言いたくなるほどふんぞり返った姿勢に、必死で笑いをこらえた」(30代女性)と、おかしな運転姿勢をする気持ちが理解できない人も多いようです。自分なりのこだわりでも、女性からは白い目で見られているのかもしれません。

このほかに「ドライブ中、『ナルシストな男…』と思われてしまう行動」にはどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/3 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます