木村拓哉「なにがヤバいの?」岸優太をピシャリ、即座に藤井流星をフォローで見せた「スターとしての器」

拡大画像を見る

 俳優の木村拓哉(48)が10月28日放送の『VS魂』(フジテレビ系)で、King & Princeの岸優太(26)に疑問を投げかける場面があり、ネット上で話題となった。

 この日は、木村が女優の長澤まさみ(34)とともにゲスト出演した際の未公開トークを放送。その中で、岸がジャニーズWESTの藤井流星(28)からの「30歳までにやっておいたほうがいいことはありますか?」という質問を紹介したところ、木村は30歳という区切りは関係ないとし、「流星くんが1番若いときに、若いタイミングでできる失敗をいっぱいしておいたほうがいい」と藤井にアドバイスを送った。

 そんな中、岸は藤井について28歳という若さにもかかわらずレコードを聴いており、そのことを共演者からイジられていると紹介。それを聞き、木村が「28(歳)でレコード聴いてて何がヤバいの?」と疑問を投げかけたところ、岸は「あの……なんか……あの、すみません」と答えに窮し、しどろもどろになっていた。

 そんな岸に助け船を出そうと、嵐の相葉雅紀(38)は「魂チームの中でわりとイジられるんですよ」と藤井がイジられキャラであることを説明。さらに、そうなった理由について「女優さんが(ゲストで)来るときにだけ香水をつけるっていうのが、みんなに発覚してから」と明かしたところ、木村は「最高じゃん! 流星、YOUイイよ」と故・ジャニー喜多川氏のモノマネを披露し、スタジオの笑いを誘っていた。

■意外と木村拓哉は後輩の面倒見がいい

 木村の藤井に対する発言は視聴者の間で話題になり、ネット上では「誰かがいじられても、いじられた人を否定せず認めてほめて誰も傷つかないようにさりげなくフォローできるところに懐の大きさを感じ、人としてすてきだなと思いました」「木村先輩の流星への激励、永久保存だなあ~」「VS魂でキムタクさんの株がめっちゃ上がった」などといった反響が相次いでいた。

 ほかのジャニーズタレントと比べて後輩との交流エピソードの少ない木村だが、面倒見はかなりいいようだ。一昨年の元旦には、KAT-TUNの亀梨和也(35)と山下智久(36)が木村の自宅を訪れたときのことを、木村は2020年5月24日放送のラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)で語っていた。

 なんでも、酔っぱらった亀梨から突然、電話があり、急きょ、2人を迎え入れたのだという。さらに、これまでTOKIOの長瀬智也(42)やV6の岡田准一(40)、嵐の二宮和也(38)、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(34)といった後輩たちが木村の自宅を訪れたエピソードも語っていた。

 同番組では「今後、来たいなという後輩がいたら、いきなり来られたら困りますけど、連絡いただければいいですよ」と語っていた木村。積極的に態度には出さないものの、常に後輩のことは、気にかけているようだ。

関連リンク

  • 11/3 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • それで岸君へのフォローがあれば最高 でしたね。それならば平等ですからね。 (苦笑) メンバー内でのいじられキャラ いじりキャラでしょうから... 先輩ならばバランスをとってあげるのが最良なんですよ。今の社会それがないから色々と 問題点が発覚しているんです。

記事の無断転載を禁じます