井上咲楽、事務所先輩・小島瑠璃子に残酷「下克上」!「こじるりさんは何も考えてない」からの「ポジション総取り」!!

拡大画像を見る

 かつてはボサボサの太い眉毛がトレードマークだった井上咲楽(22)の存在感が、ここにきてさらに高まってきている。

 井上は国会傍聴を趣味にしており、スポーツ報知のコラムニストとしても活動。衆院選公示日の10月19日から10月29日までの11日間で延べ46か所の選挙区を巡ったことも話題を呼んでいる。

 井上は、宮根誠司(58)と加藤綾子(36)がMCが務めた10月31日放送の選挙特番『Live選挙サンデー』(フジテレビ系)にも出演。

 小泉進次郎議員(40)に対し、「進次郎さんの演説を聞いていると、ちょっと矛盾を感じるというか」と切り出し、「選挙では“今の自民党をお願いします”と推さなきゃいけない。その矛盾というか、ご自身で感じていらっしゃいますか?」と鋭い質問を投げかけた。

 これに進次郎氏は少し笑みを浮かべながらも、語気を強めて「改革を志す仲間たちの数を党内で増やさないと自民党は変えられないので、そこは矛盾しないと思います」と述べた。

 また、井上は11月2日の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演し、自民党の甘利明幹事長(72)が小選挙区で敗北したことについて「衝撃的でした」と振り返った。

 井上は「選挙(演説を)50か所くらい周って、実際に甘利さんの演説も海老名まで聞きに行きました。候補者の方って“頑張ります!”って言う方が多いんですけど、甘利さんは難しいけれど外交とか国の話を演説していた」とコメント。

 続けて、「私はこの人はずっと国の中枢で働いてきた人なんだなと感じた。だからこそお金の問題を説明しなければならなかったと思うし、永田町と国民感情の乖離を感じました」と指摘した。

 辞任する甘利氏の後任には茂木敏充外相(66)が起用されることについては、「来年の参院選のことを考えると、参院選の顔って意味では河野太郎さんのほうがもしかしたら国民の感情はつかめたかもしれない。だけど、実務っていう意味では茂木さんでよかったんじゃないかと思います」と語った。

■井上咲楽の好感度爆上がりの一方、小島瑠璃子は失速……

 井上に対し、ネットには「この子はまだ若いのに、凄く政治に興味を持って勉強しているみたい。こういう若い人が増えてくれば日本も少し変わるかもね」「政治をちゃんと自分の肌で感じてのコメントに好感が持てますね」「よく勉強されていて、好感持てます。どんどん若者に向けてこういう意見は発信してほしい」といったコメントが寄せられている。

「井上さんは眉毛を整えてより美しくイメチェンして以降は、バラエティ番組での露出を増やしていました。ただ、これだけ政治に興味関心があり、知識も豊富ですから、今後は情報番組や報道番組でも活躍が期待されます。

 一方で小島瑠璃子さん(27)はここにきて失速しています。今回の選挙特番にも起用はありませんでしたからね」(芸能プロ関係者)

 小島は2016年の参院選、2017年の都議選、衆院選で池上彰(71)がMCを務める『池上彰の選挙ライブ』(テレビ東京系)に中継キャスターとして出演。記者顔負けのリポートに“こじるり無双”と称賛されたこともあった。

「しかし、31日の『池上彰の選挙ライブ』に小島さんの姿はなく、彼女に代わってなのでしょう、朝日奈央さん(27)たちが出演していました」(前同)

■こじるりは「実は何も考えてない」

 小島が、同じ事務所に所属する後輩の井上にダメ出しされる場面もあった。

 井上は10月5日放送の『A-コマンド~有田と美女が発注にこたえます~』(フジテレビ系)に出演。

 番組から「“小島瑠璃子はなぜ女性ウケしないのか”を分析してください」というお題を受け、小島を目の前に井上は「女子ウケしてないわけじゃないと思うんですけど、指原莉乃さんとかと比べたらしてないのかも……」と分析。

 そして「もうちょっといろいろ考えてやったほうがいい。“何か考えてるんじゃないか?”と思われていると思うんですよ。でも、実は何も考えてないと思うんです。考えてたらもっと出していくと思うんですよ、女子ウケっぽいものを」と語った。

 さらに「一般的な女子ウケの主流は、“私、これだけ努力して綺麗なんですよ”を見せていくスタイル。こじるりさん、すごいお綺麗じゃないですか」としたうえで「女子か言ったら、なんでもできちゃうっていう風に感じるんです」「スキとか見せるといいんじゃないですかね」と指摘した。

 小島が一部週刊誌で交際を報じられたことについても「何も考えてない。だから撮られちゃうんです。後輩として本当にちょっと心配になる」とコメント。

 これに小島は「指原莉乃ちゃんは自分のダメなところとかを可愛く発表するのがお上手。咲楽ちゃんが言っていることは、“もうちょっと指原莉乃を見習えよ”ってことだと思う」と受け止め、井上も「そう、指原さんをどうか勉強してくださいということなんです」と同意した。

「小島さんは可愛くてスタイル抜群。かつ頭の回転も速く、キャスターもできるほどの逸材で、中高年の男性からは絶大な支持を得ていました。しかし、人気マンガ『キングダム』(集英社)の作者・原泰久氏(46)との熱愛が発覚。しかし当時、原氏が妻子持ちだったため“略奪愛”とも報じられ、“匂わせ疑惑”も話題となり、ここから一気に失速してしまいました。

 この間、井上さんは眉毛を整え、その美しさにあらためて注目が集まりバラエティ番組やファッション誌などでも活躍。政治についての知識と情熱という武器もあり、そのポジションを確固たるものにしつつあります。

 井上さんは選挙前に共演した番組で小島さんに引導を渡し、衆院選を機に政治関連でも小島さんの仕事、ポジションを奪取。ここにきて一気に下克上を成し遂げたと言えるのではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

 弱肉強食の芸能界。今後の選挙特番、さらには小島が出演していたバラエティ番組でも“咲楽無双”が巻き起こる!?

関連リンク

  • 11/3 8:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 小島の人気は安定していて、最近井上が見直され人気になってきた、と言うだけで小島の人気が下がったわけでもなく選挙特番の出演だってオファー来ても断ってるかもしれない。 女性ウケするもしないも本人にその気があるかどうかでね⁉️ 別に女性ウケなんて欲しいと思ってないのかもしれない。 この記事はとにかく小島を落としたいんだね。 ちなみに、俺は全くファンでもなんでもないwww この片寄った書き方が気に入らん

記事の無断転載を禁じます