「男性俳優版・新垣結衣」だった佐々木蔵之介がついに結婚!「最後のバトン」を渡された竹野内豊の「覚悟」は?

拡大画像を見る

 10月30日に、俳優の佐々木蔵之介(53)が一般女性と結婚したことを所属事務所の公式サイトで明かした。

《私も53歳の、もういい歳です。一人の生活があまりに長過ぎて、この先の生活が大きく激変することも望んでおりません。これからは夫婦で共に生きることになりますが、相手も落ち着いた歳なので、穏やかに過ごせれば、ゆっくり年を重ねることができれば、それだけです。》ということで、会見の予定などはないという。

「ついに佐々木も結婚しましたね。佐々木は、西島秀俊(50)が14年に結婚した際に“最後の砦”を襲名したんです。きっかけは、西島や佐々木のように、独身の人気男性俳優、たとえば大泉洋(48)や及川光博(52)、堺雅人(48)や堤真一(57)らが、40代ごろで結婚することが続いたんです。そのため、それまで目立った熱愛がなかった西島は“最後の砦”と呼ばれていたんですが……」(女性誌記者)

 しかし、西島も結婚。これに《まだ蔵之介がいる》ということで、佐々木に希望を託す投稿が相次ぎ、その影響からか一時はツイッタートレンドに「蔵之介」が登場したこともあった。

「今年、新垣結衣(33)が結婚するまで、美人女優の結婚が発表されるたびに“俺の○○が”“俺にはまだガッキーがいる”という嘆きの声でツイッターがあふれ、毎回“ガッキー”が巻き添えでトレンド入りしていましたが、その男性版ということかもしれませんね。そして今回、新しく“最後の希望”を託されたのは、竹野内豊(50)のようなんです」(前同)

■結婚直前の相手はいたが…

 ネットでは佐々木の結婚報道を受けて、

《なんか報告の文も大人すぎて何も言えんってなった。残るは竹野内豊のみ、、》《私的には #竹野内豊 さんが気になって仕方がない?もう独身じゃなかったけ?かな?》《竹野内豊も結婚したら流石にしんどいよ》

 という声が出ている。

「ただ、竹野内の場合は14年に倉科カナ(33)との交際が報じられ、事務所公認だったこともあり、いずれ結婚するものと考えられていたんですよね。もっとも、倉科と竹野内は18年に破局。同年11月の『女性自身』(光文社)によると、30歳までに結婚したかった倉科と折り合いがつかず、倉科から別れを切り出したといいます」(前出の女性誌記者)

 その後、倉科はこれまで以上に仕事に全力で取り組むという意思の表れなのか、今年9月22日発売の『anan』(マガジンハウス)で大胆過ぎる“腕ブラ”を披露したほか、役者業も10月クールの連続ドラマに『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系)と『婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)』(TBS系)の掛け持ちで出演したり、12月には1944年にシカゴで初演され、その後ブロードウェイで561回公演された不朽の名作『ガラスの動物園』の日本版舞台にも出演が決まっていたりと、充実した役者生活を送っている。

「一方、竹野内については、今年4月クールの『イチケイのカラス』(フジテレビ系)で、演技面において非常に今後が不安になる話が出てきました。どうも竹野内は、表情や動きに関しての演技は文句のつけどころがないんですが、性格が優柔不断気味で、セリフの覚えが悪いようなんです」(前同)

■恋愛より家族を優先か

 セリフの言い間違えに限らず、4月22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、「自分の演技に自信を持てずに、法廷のワンシーンだけで2日にわたって、計18時間撮影した」と報じられている。

「『イチケイのカラス』の映画化もウワサされていますが、これについてもドラマ版で竹野内さんのセリフが当初よりも削られ、その代わりに黒木華(31)や小日向文世(67)のセリフが劇的に増えたと言われていることから、動作だけで爆笑をさらう世界的な作品『Mr.ビーン』のような、“無音”となる場面もけっこうあるかもしれない、とも考えられています。実際、ドラマ版も表情の演技や飄々とした感じは好評でしたからね」(前出の女性誌記者)

『イチケイ』で竹野内が演じた裁判官は、「大事なのは、話を聞いて聞いて聞きまくって、悩んで悩んで悩みまくって、一番いい答えを決めること」というポリシーを持つキャラクター。それだけに、現実の竹野内の人間性ともシンクロして、いい演技に昇華されたということか。

「私生活については、今年6月24日号の『女性セブン』(小学館)によると、14年に父親を肺がんで亡くしたこともあり、時間があれば母親が一人暮らしをしている家に顔を出しているといいます。19年には“これまでも今後も大切にする時間”という質問に“家族との時間”と答えているし、恋愛よりも家族を優先したいのかもしれませんね」(前同)

 4月22日発売の『週刊文春』によると、そういった家庭の事情に加え、竹野内は「結婚すると落ち目になるのでは」と考えているという。

 悩み続ける男を好演した竹野内。私生活も、まだまだ悩みが続きそうだ。

関連リンク

  • 11/3 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます