トム・ハンクス「同性結婚式を通りがかりに祝福」、キアヌ・リーブス「スタッフの荷物運び」、トム・クルーズも…ハリウッドスターたちの「最新神エピソード」

拡大画像を見る

 アメリカのニュースメディア『CNN』が11月2日にツイッターを更新。俳優のトム・ハンクス(65)がカリフォルニア州サンタモニカのビーチで行われた結婚式に飛び入りで参加した、という「神対応」エピソードを動画付きで報じた。

「同性カップルが海辺で結婚式をしているのを見かけたトム・ハンクスが“写真を撮ってもいいですか?”と話しかけ、式に参加。別れるときには“どこかでぼくを見かけたら声をかけてね”と、ハリウッドスターとは思えない気さくさで声をかけている様子が報じられました。実は、トム・ハンクスと結婚式にまつわる出来事は、今回が初めてではありません」(専門誌記者)

 08年に、映画『天使と悪魔』をイタリア・ローマで撮影していた際に、撮影現場近くのパンテオンに到着した花嫁と花嫁の父親が混雑のために礼拝堂に近づくことができずにいると、撮影を中止し2人を祭壇にエスコートしたことが、当時報じられている。

 また、16年にはニューヨークのセントラルパークをジョギングしていた際に結婚式をしている人だかりを見つけたトムは、トレーニングウェアのまま新郎新婦のもとに駆け寄り、「おめでとう!」と声をかけ、新郎新婦の名前を訪ねてから「ライアン、(こんなに美しい花嫁と結婚できて)きみはラッキーな人だ!」と祝福した。この様子はトム本人が自撮り写真を撮影しているほか、結婚式を撮影していた現地フォトグラファーらも、それぞれインスタグラムに投稿している。

『First Day Films」(@firstdayfilms)より

「まさに“スター”と呼べるエピソードですよね。トム・ハンクス以外でこうしたエピソードが多い俳優というと、キアヌ・リーブス(57)が挙げられます。多くのハリウッドスターでも、とりわけいい話が多く、最近も、小児科病院と癌の研究を手助けするチャリティ財団を設立していたことや、2009年の時点ですでに5年ほど密かにチャリティ財団を運営して募金活動を続けていること、そしてそれを15年以上自分から多くを語っていないことが、海外メディアで報じられました」(前同)

■隠し撮りされた「キアヌの真の姿」

 そんなキアヌは今年10月に主演する映画『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾の撮影を終えたばかりだが、この撮影現場でもスタッフの機材を役の衣装のまま荷物を担いで階段を上ったり、自分の荷物を車から降ろして自分で運ぶ姿を隠し撮りされたほか、4人のスタントマンにそれぞれの名前と、「The John Wick Five」「Thank you」と刻まれたロレックスをプレゼントした様子が報じられてる。

「撮影中のエピソードといえば、トム・クルーズ(59)もとんでもないファンサービスをして、ファンの度肝を抜いたことがあります。

 昨年10月に『ミッション:インポッシブル』の第7作目をノルウェーで撮影していたんですが、走る列車の上で準備中のトム・クルーズに気付いたファンが大声ではしゃぎながらTikTokを撮影していると、トム・クルーズが余裕の表情で動く列車の上に腰をかけたまま、彼らに向けて微笑み、手を振り返したんです。さすが、これまで数多くのミッションをノースタントで動いてきた俳優ですね」(前出の専門誌記者)

 ハリウッドスターのファンサービス精神は、やはり規格外――。

■【画像】トム・ハンクスが同性結婚式を通りがかりに祝福する様子

 ちなみにトム・ハンクスは93年に『フィラデルフィア』というエイズと同性愛にまつわる偏見を法廷で覆してゆく映画で第66回アカデミー賞の主演男優賞を獲得している。

この画像の記事に戻る

関連リンク

  • 11/3 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます