華原朋美「ある女性恨んでる」の仰天告白?最近の復調も不安になる「お騒がせ事件簿」と「朋ちゃんの今後」

拡大画像を見る

 11月3日に放送される『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に、歌手の華原朋美(47)が出演。ママ友だというモノマネタレントのみかん(37)と2人で、有名占師の木下レオンに鑑定を受ける。

《「人を信じやすくダマされやすい」という占い結果が出た華原さんが金にまつわるダマされエピソードを明かすほか、高校時代の「初恋話」も披露する。また、「2人目(の子供)を望んでまして……」とレオンさんに相談する。》

 と告知されているほか、あおりのVTRではレオンの「華原さんは、“ある女性”に負けたくないと思い、恨んでいる」という占い結果に「確かに悔しかったもんな、あの時……つらいです」「私が華原朋美じゃなかったら……」「死ねなかった……」と号泣する、なんとも不安になる場面も紹介されてた。

「本当に、朋ちゃんには紆余曲折ありましたからね。95年に小室哲哉(62)プロデュースでコムロファミリーの一員として大ブレイクを果たし、小室との交際もオープンに。歌唱力と美貌から“平成の歌姫”とされてきた朋ちゃんでしたが、その後小室と破局し、99年に、自宅で料理中にガス中毒で倒れ緊急入院したのを皮切りに、何度も活動休止を繰り返したり、長年所属したプロダクションの社長に対する“号泣謝罪”がYouTubeチャンネルにアップされ、大きな話題を呼んだりしました」(女性誌記者)

 13年放送の『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でVTR出演した実兄によると、24歳の頃に小室と破局した結果「そのころにはもうお薬もたくさん服用するようになっていた」「フラフラ下着一枚で道路出て行ってしまうこともありました。ラムネを食べるようにボリボリと(薬物を)服用してしまう」というありさまだったという。その後は、フィリピンに単身赴任中だった父親の助言でフィリピンでボランティア活動を手伝い、ようやく薬が抜けたという。

■紆余曲折を経て復調しつつある

「ただ、その後も2020年に親交の深い高嶋ちさ子(53)との間に《華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ》といった内容の記事が9月11日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じられるトラブルもありました。ただ、今年3月20日にはホテルでディナーショーをしたり、復活の兆しを見せつつあるほか、4月1日放送の『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)では、同番組に出演した南海キャンディーズ山里亮太(43)に“捨て身で、『全部出しますよ』って感じ”と評されるほど、すべてをさらけ出し、話題を集めました」(前出の女性誌記者)

 華原は『アウト×デラックス』で、「いやぁ、金が全てっすよ。ほんとに」「今の時代、金がないと生きていけないんで。そればっかり考えて生活してます」「チャリンチャリーン!」とカネの亡者と化していることを赤裸々に語ったり、体型が激変してしまったことに触れて「なるべく頑張ってテレビに出ても恥ずかしくないように、明日からホットヨガに通います」「ラブブレスがデブブレスになりますからね」と自身の楽曲『LOVE BRACE』にかけた自虐コメントを披露したりと完全に開き直り、視聴者の度肝を抜いた。

「その後、8月に専属マネジャーと結婚。10月7日の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)など、バラエティ番組で歌を披露する機会も少しずつ出たりと、明るい話題も増えはじめ、体型もダイエット企画に挑戦したことで以前よりは改善しつつあります。今回の『占ってもいいですか』でも多くを告白してくれるでしょうし、このままのペースで復活できるといいのですが……」(前同)

 かつては「平成の歌姫」と呼ばれた華原朋美。令和での活躍も期待したいところだが、果たして……?

関連リンク

  • 11/3 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます