【アルゼンチン共和国杯「見逃せない調教師」ベスト3】アルゼンチン共和国杯の舞台で絶対に外せないのは○○調教師!

拡大画像を見る

 アルゼンチン共和国杯に出走馬を送り込む14人の調教師のうち、2016年以降の東京芝2400m・芝2500mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出。アルゼンチン共和国杯で、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は堀宣行調教師。集計期間内に東京芝2400m・芝2500mで、出走調教師中最多の16勝を挙げている。ただ、複勝回収率は64%にとどまっており、馬券妙味は今ひとつ。「外せない」「押さえた方がいい」という位置付けだ。

 今年はサトノソルタスが出走予定。2勝馬ながら、全2勝が東京でのもので、共同通信杯2着の実績もあるコース巧者だ。他にも金鯱賞2着、新潟大賞典3着と左回りを得意としており、条件が好転するここはチャンス。

 2位は田島俊明調教師。集計期間内に東京芝2400m・芝2500mで[3-1-1-6]という好成績を残している。こちらは単勝回収率435%、複勝回収率151%と馬券妙味十分だ。

 今年はコトブキテティスが出走予定。実は上記の3勝は全ての同馬によるものだ。エリザベス女王杯と両睨みのようだが、出走してくるようなら穴候補として押さえたい。

 第1位に輝いたのは国枝栄調教師。集計期間内に東京芝2400m・芝2500mで12勝し、複勝率45.2%を記録。複勝回収率も167%に達している。スピード、スタミナを問われる東京芝2400m・芝2500mをこなすトレーニングがなされているということだろう。

 今年はアンティシペイト、オウケンムーン、ボスジラが出走予定。アンティシペイトは、後方から一捲りした前走が強い内容だった。オウケンムーンは直近2戦に復調ムードが窺えるし、ボスジラは長距離での安定感は抜群。3頭とも舞台適性は高い。

関連リンク

  • 11/3 7:03
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます