【ファンタジーS展望】内回りながら末脚が要求される2歳牝馬重賞

拡大画像を見る

 東京のアルテミスSが創設されたのをはじめ、同週の京王杯、翌週のデイリー杯にメンバーが分散することもあって、頭数は落ち着き加減。とは言え、近年はダノンファンタジー、レシステンシアがここをステップにして阪神JFを制しており、先を占う上で見逃せないレースだ。

1.距離短縮組の好走が多い

 過去10回のファンタジーSで、距離延長組は複勝率19.6%、前走も1400mだった馬は複勝率14.5%なのに対し、距離短縮組は42.9%もある。今回同様に阪神開催だった昨年も、2・3着馬は距離短縮組だった。

2.末脚を使えるか

 阪神芝1400mは内回りコースだが、ゴール前に坂があるなどスピード一辺倒では攻略できない難しさがある。16年以降に行われてきた阪神芝1400mの2歳戦(新馬・未勝利除く)の成績を、上がり3ハロン順位別で見てみると、上がり3ハロン1位の馬は複勝率93.3%と抜群。対して、上がり4〜5位は複勝率14.3%、上がり6位以下は複勝率6.4%。昨年はオパールムーンが4角12番手から2着に突っ込んできたように、末脚がしっかりしている馬が台頭してくる。

3.馬格はあった方が良い

 16年以降に行われてきた阪神芝1400mの2歳戦(新馬・未勝利除く)の成績を、馬体重別で見てみると、419kg以下で3着以内に入った馬はおらず、420〜439kgの馬は複勝率22.7%、440〜459kgは複勝率35.3%、460〜479kgは複勝率38.5%、480〜499kgは複勝率50.0%。

 ウォーターナビレラは無傷2連勝中で、前走は中山芝マイルのサフラン賞を制した。スローペースだったとはいえ、2番手追走から上がり3ハロン33秒6でまとめたのは優秀。阪神は問題なくこなせそうで、無傷3連勝を期待したい。

関連リンク

  • 11/3 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます