「適応障害」からの復帰後「痩せすぎ」が心配される深田恭子も!「理想の美ボディアラフォー美女」トップ3【ランキング】

拡大画像を見る

 10月29日にポルノグラフィティの新藤晴一との離婚を発表した長谷川京子。現在43歳で2児の母親でもある長谷川だが、今でも話題になるのはそのプロポーションだ。高校3年生の頃からモデルとして活躍しており、自身のインスタグラムには自信がプロデュースする下着をつけての写真などもアップしているが、フォロワーからは「お美しい! 女神」「世界一美しい」「奇跡」など、称賛の声が上がっている。アラフォーになっても長谷川のように驚くべきプロポーションを保っている女性芸能人は多い。そこで今回は10~30代の女性100人に「理想の美ボディアラフォー美女」についてアンケート。トップ3に選ばれたのは?

 第3位は、綾瀬はるか。

 10月27日に「東京ドラマアウォード2021」で、今年1月期に放送された主演ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)で主演女優賞受賞した綾瀬。8月下旬に新型コロナウィルスに感染した綾瀬にとって、今回は回復後初の公の場になった。これまで第4弾まで出ている写真集『ハルカノセカイ』(講談社)では、思わず見惚れてしまうような健康的な水着姿も披露していた。

■2位は超絶美脚美女

 綾瀬を選んだ人からは「細すぎず太くないのでバランスがとれている。すらっとしているのにしっかり胸もある」(25歳/女性/学生・フリーター)、「意外に胸もあるし、健康的でセクシー。プロポーションがいい」(34歳/女性/主婦)、「スタイルも顔もすべてきれい。本当に30代後半には見えない」(28歳/女性)などの理由が挙がった。

 第2位は、米倉涼子。

 現在、主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が放送中の米倉。ドラマでは孤高の外科医を演じているが、毎回ミニスカートにピンヒールをはき、毅然と歩くシーンも話題になる。

 そんな米倉には「足が細くて長くて引き締まっている。すごくかっこいい」(36歳/女性/コンピュータ関連以外の技術職)、「美脚すぎる。どんな服を着ても似合うし、かっこよく見えるスタイル」(31歳/女性/総務・人事・事務)など美脚を称賛する声や、「美に対して努力を惜しまないところが素敵。とにかくスタイルがよく顔立ちも美しい」(23歳/女性/学生・フリーター)、「メリハリと存在感。衣装によっては露出が多いが、露出している部分の肌がとてもきれい」(23歳/女性/学生・フリーター)などの理由も見られた。

■女性も憧れるボンキュッボン

 そして第1位は、深田恭子。

 9月2日に、適応障害治療のための休止から芸能活動に復帰したばかりの深田。復帰後は痩せすぎを心配する声も上がったが、バラエティ番組などで元気な姿を見せ、ファンを安心させた。活動休止前は、ふっくらとした健康的なビキニ姿を写真集などで披露し、男性だけでなく同性をも魅了していた。

 そんな深田には「ボンキュッボンとしたメリハリのある体型と顔の小ささ。痩せすぎじゃない感じが良い」(25歳/女性/営業・販売)、「痩せすぎではなく適度に肉づきがよいところ。バランスが自然で健康的」(39歳/女性)、「姿勢がいい。全てにおいて美しい」(19歳/女性/学生・フリーター)、「体型が変わらず、維持しているところ」(38歳/女性/主婦)、「雰囲気から美人。顔が整ってる。髪がつやつや。くびれも女性らしくてきれい」(18歳/女性/学生・フリーター)、「年齢を重ねてその分美しさが増している。セクシー系の服を着ても違和感なく似合う」(28歳/女性/金融関係)など、さまざまな理由が挙がった。

 アラフォーになってますます輝きを増している美女たちには、女性たちも注目しているようだ。

関連リンク

  • 11/3 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます