コロナ禍でハワイ挙式を夢見る花嫁。絶望する彼女を襲う更なる不運とは…

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク…

いまだ深刻な感染症の流行により、

社会、人々の価値観や意識の変化にさらされている“このご時世”

そんな今を生きる男女たちのリアルライフ・ストーリー。

▶前回:同期入社の女友達に絶賛片思い中の男。出社制限で会えない間、彼女はまさかの行動に…

Act2. 披露宴ドリーマーの憂鬱 ――2020年1月・パンデミック前の世界――


「ハワイのザ・カハラでまず親族だけの挙式をして、帰国後にマンダリンオリエンタルで盛大な披露宴をするの。

ドレスはヴェラ・ウォンとドルガバは外せないよね。お色直しは最低でも3回はしたいし、二次会は銀座か丸の内かな?同僚や友達を100人は呼びたいの」

29歳の誕生日。銀座の老舗フレンチ『ロオジエ』で、梢は恋人の正尚にプロポーズされた。

承諾の返事の次に、梢が口にしたのは20年以上温め続けていた結婚式のプラン。その内容を聞いて、正尚は苦笑いをしながらも幸せいっぱいな表情で彼女を優しく見つめた。

「すごいね。そこまで考えているんだ」

彼はすらりとしたスーツが似合う、背の高い商社マン。梢とは大学時代のサークルで出会い、卒業後すぐ交際を開始した。

正尚の海外転勤もあり少々遠回りした時期もあったが、出会った頃から数えると10年以上の付き合いになる。盛大な結婚式の夢も、彼は薄々知っており、彼女が式のために何百万も貯金していることも理解している。

結婚式―

それは、梢の小さい頃からの夢だ。

彼女の実家の近所には、チャペルと大きな結婚式場があった。幸せな花嫁たちを毎週のように眺めながら、幼い梢は遠い未来に思いを馳せていた。

― いつか私も、あんな素敵な“およめさん”になりたい。

結婚準備に入ろうとした矢先、世界にコロナの猛威が襲う…

2020年3月


「そうなんだ…。コンサートやイベントも中止になっているから、仕方ないよね」

友人の真紀は、弁護士の恋人と春に挙式を予定していた。

そんな彼女から結婚式が中止されるという連絡が入ったのは、梢と正尚がまさに都内各所のウエディングフェア巡りをし始めた矢先のことだった。

「楽しみにしてくれていたのに、ごめんね」

気丈にふるまってはいるものの、電話口の彼女の声から、やるせなさがはっきりと伝わってくる。

梢たちはまだ日取りも決まっていない状態のため、影響を被っているわけではないが、他人事ではない。

「中止ということは、式場をもう一度予約するの?」

「ううん。いつ終息するかわからないから、キャンセルよ。半年以上はこの状態が続きそうだから…」

「そうなんだ…」

相槌をうちながらも、梢の心は不安でいっぱいだった。

― この状況が半年以上も続くって冗談でしょ?私のプランでは、秋口を予定しているのに。

梢は正直、楽観視していた。嫌な知らせは、できるだけ耳にしないようにしていたからかもしれない。

冷静に見ると、結婚式場のブライダルフェアも中止が多くなってきている。パンデミックの影響は、すぐそこまでやってきているのだ。

帰宅後、一緒に暮らしている正尚にそのことを相談すると、慎重な彼らしい答えが返ってきた。

「実は僕も挙式のことは、一旦様子を見た方がいいと思っていたよ。とりあえず今は籍を入れて、指輪を買うだけにとどめておこうか」

「ありがとう。たくさんの人、呼びたいからね」

「梢が望む式が出来なきゃ、僕も悲しいからさ」

正尚の頼もしい存在感と、自分の気持ちを十分に汲んでくれる優しさにホッとする。

翌日、二人は銀座のカルティエに赴き、そろいのマリッジリングを見つくろった。

― この人が、結婚相手でよかった…。

左手の薬指にきらめく、プラチナのバレリーナを眺めながら、隣で微笑む正尚の肩に身体を預ける。

そもそも、梢が彼を選んだのは、憧れの結婚式を実現させてくれそうな人だったから。

優しくて、梢のことを最優先に想ってくれる真面目な人。どんなわがままを言っても受け入れてくれる懐の深さがあった。

だからこそ、安心して憧れの結婚式に夢を馳せることができる。

梢の笑顔は、彼の喜び―

梢はそう思っていたし、その考えは間違いではなかった。しかし…。

2021年2月


「はぁ…。いつまでこの生活が続くんだろう…」

年末から再び状況は深刻になり、挙式の見通しもつかぬまま、梢はついに30歳を迎えてしまった。

籍は入れたが、交際中から同棲はしていたため、独身時代と何ら変わらない生活。式ではボディラインが出るデザインのドレスを着たいため、妊活もしていない。

ゆえに、結婚の実感がまったく湧いていないのだ。

― やっぱり、式挙げていないからよね…。

リモート結婚式やフォトウエディングを考えたこともあったが、一生に一度の結婚式。結局、妥協はしたくないと、やはり様子を見ることにした。


「なぜ、私の結婚式がこんなことに…」

久々に買い物に出た街で、ウエディングドレスサロンのショーウインドウを眺めながら、梢はため息をつく。

ガラスに反射しているのは、自粛疲れでやつれた自分の姿だ。

― こんな生活が永遠に続いて、ドレスが似合わない年齢になったらどうしよう…。

そんな不安が胸によぎった、そのとき。

下腹部にずしんと猛烈な痛みが襲った。それとともに頭がくらくらして、周囲がぐるぐる回りだす。

梢の目の前が、突然真っ暗になるのだった―

突然、街中で意識を失った梢。病院で衝撃の事実を知らされる

気がつけば、梢は近くの総合病院のベッドの上だった。

見守ってくれていた看護師さんに聞くところによると、貧血の立ちくらみということだ。その日は生理中。梢は、以前から重い症状に悩まされていた。

搬送された病院は梢のかかりつけでもあったため、念のため診察してもらうと、エコー検査をした際、医師にこんなことを言われた。

「前来たときより子宮筋腫が大きくなっていますね。妊娠を考えているなら、早めをお勧めします。手術や異常分娩の原因になる可能性もありますから」

「え…」

医師いわく、現在は様子見可能だが、増大のペースが速く、念のための忠告だという。いつまでなら大丈夫かは、当然ながらはっきりとは言えないそうだ。

7月の東京オリンピックでさえ、開催か中止か議論されている昨今。

突然、感染症が終息したとしても理想の式をあげるならば、半年以上先になるだろう。よくて1年後だ。

それから妊活して、大丈夫なのか…。

悩んでいると、正尚が病院に迎えに来てくれた。不安そうな梢の顔に、彼も神妙な面持ちになる。

「どうした?」

梢は病室のベッドの上で彼の手を握り、医師から言われたことを告げた。

― 彼なら、きっと自分の味方になってくれる。

私が満足した式を挙げるために待つことを肯定してくれるだろう。「そんなの大丈夫」と、答えてくれるだろう…。そう、梢は思っていた。

だが、彼ははっきりと即答したのだった。

「お医者さんの言う通り、すぐにでも子どものこと、考えようか」

「どうして…」

梢は正尚の反対意見を聞くのは初めてだった。まず、その事実に驚愕する。

「願いを叶えてあげたいけど、式が終わったあとも僕たちの人生は続くんだ。君も子どもが欲しいんだろう?今はこんな時期だからこそ、できることからはじめようよ」

「でも、結婚式あげるのは私の夢で…」

「夢以外に、ほかの理由はあるの?」

梢は口ごもる。そう言われると、特にない。

あるとすれば、自分の夢を100%考えてくれる素敵な夫を、友人たちに紹介したいということや、幸せな自分をアピールしたいということくらいだ。

「自分は、梢と明るい家庭を作って、いつまでも幸せでいることが夢なんだ」

正尚は震える梢を優しく抱きしめた。

彼の大きな腕の中で、頑なだった心がほぐされていく。自分を大切に想ってくれる人がいることを実感する。それ以外に何が必要なのか。

― 幸せは、この胸の温かさで十分なのかも…。

梢は自分の夢より、正尚の夢を叶えてあげたいと心から思った。

今まで、梢のすべての夢を叶えてくれたお返しに…。


8ヶ月後。都内のフォトスタジオには、ウエディングドレス姿の梢がいた。

隣にいるのは、もちろん正尚。未だ終息が見えないこの状況の中で、写真だけの結婚式をすることにしたのだ。

「気をつけてね。1人だけの身体じゃないんだから」

梢の腰に優しく手を添える正尚。子どもを授かり、少々ふっくらした梢。

ゆったりめのドレスに身を包んだ彼女は、豪華なドレスに身を包まずとも満面の笑顔であった。


▶前回:同期入社の女友達に絶賛片思い中の男。出社制限で会えない間、彼女はまさかの行動に…

▶Next:11月10日 水曜更新予定
コロナ禍でサプライズ誕生会の計画。反対した女がうけた仕打ちとは…

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/3 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます