チーズ・ボーイと呼ばれる4歳児 週に5400円分のチーズを食べる(英)

拡大画像を見る

英ケント州ドーバー在住のドーン・ベイカーさん(Dawn Baker、43)と夫リーさん(Lee、36)の息子であるアルフィー・ベイカー=ノックス君(Alfie Baker-Knox、4)がこれほどまでにチーズ好きになってしまったのは、ドーンさんの妊娠中の行動がきっかけだった。

妊娠中には特定の食べ物を無性に食べたくなることがよくあるが、ドーンさんの場合はそれがチーズだった。ドーンさんは妊娠中にチーズをたくさん食べていたそうで、それがお腹の中にいたアルフィー君にも伝わってしまったのではないかと考えている。

「妊娠前はそんなにチーズを食べることはありませんでした。スライスチーズをトーストにのせて食べることもありましたが、その程度です。でも妊娠中はチーズしか食べたくなくて。きっとアルフィーが胎内でチーズを欲していたのかもしれないですね。」

幼い時期には偏食しやすい傾向があるが、アルフィー君の場合は偏食と呼ぶには度が過ぎている。「生後3か月の時に初めてチーズを食べて以来、アルフィーは朝食を除いて毎食チーズを食べており、チーズを食べない日はありません」とドーンさんは明かす。

アルフィー君はチーズがなければ食事を摂らないそうで、学校の給食も食べないという。そのためドーンさんはチーズをディップして食べるスナック菓子「Dairylea Dunkers」やさけるチーズの「Cheesestring」、チーズサンドイッチ、塊のチーズなどをお弁当として用意し持たせているそうだ。

チーズだけで週35ポンド(約5400円)も食費がかかっており、あまりにチーズばかりを欲するのでドーンさんはアルフィー君のことを「チーズ・ボーイ(cheese boy)」と呼んでいる。

「アルフィーが成長して歩き始めると、冷蔵庫から歯型のついたチーズの塊が出てくることもありましたよ」とドーンさんは話しており、ソファーの下からチーズの欠片が出てきたこともあったという。

アルフィー君の熱狂的なチーズ好きを証明するエピソードはこれだけではない。ある日、ドーンさんがオムレツを作っている際にキッチンを離れて再び戻ってくると、アルフィー君がブロックチーズを削るためのチーズグレーターを口に直接当て、その外側からチーズを削って直接口の中にチーズを落としていたのだ。

いくらチーズが好きとはいえここまでの行動を取る息子に、ドーンさんは笑いながら「ちゃんと口にチーズは入っているの?」と聞くと、アルフィー君はチーズを削る手を止めずに「うん」と答え、夢中でチーズを食べていた。

この動画をドーンさんが「うちの子はチーズに夢中」と記してTikTokに投稿すると、11月3日時点で44万回以上の再生回数を記録しており「素晴らしいアイディアだ」「小さな天才だね」「私もチーズ大好きだから真似したい」など爆笑の絵文字とともにコメントが寄せられている。

アルフィー君に要求されるがままにチーズを用意するドーンさんには、批判の声も届いているという。しかしドーンさんは「アルフィーの歯を医者に見せると、驚くほど丈夫だと言われました。これは乳製品をたくさん食べているおかげだと思います。チーズに混ぜることで野菜も食べてくれますし、フルーツスムージーにもチーズを混ぜていますよ」とアルフィー君のチーズ好きに感謝しているそうだ。

またアルフィー君は生まれたばかりの時は扁平足だったが、今ではすっかり治っているという。チーズの多量摂取との関連性は分からないが、ドーンさんは「お腹にいた時と生まれてからのカルシウム摂取量が多かったからかもしれません」と語っている。

画像は『Tyla 2021年10月27日付「Mum Spends £1,800 A Year Feeding Son’s Cheese Addiction」(Credit: Kennedy)』『Dawn Baker 2021年9月18日付TikTok』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 11/3 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます