【豪・メルボルンC】昨シーズン豪年度代表馬ベリーエレガントが優勝!/海外競馬レース結果

 2日、オーストラリアのフレミントン競馬場でG1・メルボルンC(3歳上・芝3200m・23頭立て)が行われた。

 道中は中団でレースを進めた6番人気のVerry Elleegant(牝6、J.マクドナルド騎手)が最後の直線に入ると一気に加速。そのまま1番人気インセンティヴァイズ(セ5、B.プレブル騎手)を突き放し、4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは3分17秒43(稍重)。

 3着には2番人気スパニッシュミッション(牡6、C.ウィリアムズ騎手)。昨年覇者のトワイライトペイメント(セ9、J.マクニール騎手)は11着だった。

 Verry Elleegantは父Zed、母Opulence、母の父Danroadという血統。通算成績は34戦15勝、G1はこれで10勝目。2020-21年シーズンはコーフィールドC(豪G1)などG1・5勝を挙げており、オーストラリアの年度代表馬、最優秀中距離馬、最優秀ステイヤーに選出されている。

 昨年、このレースで7着に敗れたVerry Elleegant、鞍上のJ.マクドナルド騎手ともに初めてのメルボルンC制覇。人馬いずれも悲願達成となった。

※馬齢は豪州表記に準ずる。

関連リンク

  • 11/2 23:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます