【知っておくべし】妻が隠している“夫に言われると実はとても傷つくこと”

夫婦生活は、お互いが歩み寄りつつ妥協をすることで、初めて成り立ちます。
自分が気づいていないだけで、夫に言われて傷つきながらも我慢している妻も多いようですよ。

今回は、妻が隠している夫に言われて傷つくことを4つご紹介します!

(1)他人の前で妻をいじる



男性の中で、職場の人や知り合いに妻を紹介する時、「こんな妻ですが~」「妻は本当に天然で困っちゃうんですよ~」など、下げるような言い方をしていませんか。

本人は笑っているかもしれませんが、じつは非常に傷ついていることも……。
本人を目の前にして身内いじりをするのは、聞いている側も気持ちよくないので、ぜひ「自慢の妻」として紹介してあげましょうね。

(2)体型を指摘する



子どもを産むと、ホルモンバランスや骨盤の変化によって体型が崩れる女性が多いです。
「食べすぎたから」ではなく、出産するために蓄えたエネルギーが体内に残っているから。

命がけの出産のために体型を犠牲にした妻に対して、「太ったね」「ダイエットすれば?」と指摘するのはあまりに残酷でしょう。

(3)妻の家族のことを悪く言う



妻とは相性ぴったりでも、妻の家族とはそりが合わないパターンはよくあります。
他人同士なので多少の価値観の違いは仕方がないことかもしれませんが、妻にとっては育ててくれた大切な家族です。

妻の家族の悪口を頻繁に言うのは、妻にとってあまり気分がいいものではありません。

(4)髪型を笑う



皆さんは、美容院にいってイメチェンした妻に向かって、どんな言葉をかけますか?
もし似合っていなかった場合、「なんかダサいね」「前のほうがよかった」などバッサリ切り捨てるのはNGです。

髪型を失敗された本人が1番わかっているのに、傷をえぐるようなことをすれば誰だって傷つくでしょう。


夫に言わないだけで、不満に思っていることはたくさんあります。
しかし、それを言わないのはケンカしたくないのと、夫を「大きい子ども」と思っているからかも……。

日頃から妻に感謝して、支えられる夫になりたいですね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/2 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます