スタンプ送る?既読無視?相手を傷付けずに“LINEのトークを終わらせる方法”

LINEで会話が盛り上がると、夜遅くなってもトークを終わらせるタイミングが掴めないですよね。

急に終わらせると相手を傷つけるかもしれませんし、終わりどころが難しいです。
今回は、相手を傷つけずにLINEのトークを終わらせる方法を4つご紹介します!

(1)「明日早いからそろそろ寝るね!」理由を伝える



夜遅くまでLINEをしている場合、明日の予定を伝えて終わらせる方法があります。
「明日仕事だから」「朝早くから予定があるから」と理由を伝えれば、大抵は納得してもらえるでしょう。

「〇〇だからおやすみ!」と理由と一緒に終わらせるのではなく、ワンクッション置いてからおやすみLINEを送るのがポイントです。

(2)「お風呂に入るわ!」長時間スマホを手放す環境を作る



まだ寝る時間ではないけどそろそろLINEを終わらせたい時、「お風呂」というワードが最適です。
「お風呂に入るから!じゃあね!」のように、長時間スマホを手放す環境になる旨を伝えれば、相手も受け入れます。

最近はスマホをお風呂に持ち込む人も多いですが、LINEを終わらせる手段としては十分使えますよ。

(3)「ごめんもうムリ……」ごめんねスタンプと一緒に強制終了



相手がなかなかLINEを辞めさせてくれない雰囲気がある場合、こちらから強制終了をさせるしかありません。
「ごめん!今から用事があるから!」と適当にウソをついてごめんねスタンプと一緒に送るのがオススメです。

相手も「なら仕方ないかな」と受け入れてくれますし、既読無視されるより傷つかずに済みます。

(4)徐々に返信速度を遅くしてからおやすみスタンプ



ナチュラルにLINEのトークを終わらせる方法は、徐々に返信速度を遅くすることです。
さっきまで即レスしていたのに、徐々に間隔が空くと察しがいい人は気づきます。

そして、頃合いを見ておやすみスタンプを送れば、相手も「やっぱりね」とすんなり受け入れてくれるでしょう。


相手を傷つけずにLINEのトークを終わらせる方法は、適当に理由を作って自分都合で終了させること。

相手のペースを探っていたとしても、トークを終わらせるのは難しいです。
あくまで相手が嫌になったわけではなく、自分の都合で終わらせたい旨を伝えれば、きっと相手もわかってくれます。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/2 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます