輝くシニアの生き方に学ぶ!オンラインイベント「アンコールフェス2021」開催


シニア専門の芸能事務所、アンコールプロダクションは11月7日(日) 13時~16時に年齢に関係なく自分らしく輝く高齢者の生き方を広く伝え、あらゆる人たちに元気と生きがいを与えるオンラインイベント「アンコールフェス2021」を開催する。

参加者と一体になって盛り上がる


同イベントの開催は昨年に引き続き2回目。


当日は「温故知新」をテーマに、前半では元日本テレビプロデューサーで、現在もインターネットテレビ局「昔のテレビ局」の代表取締役として活動する宮島将郎氏(84歳)と、世界最高齢の現役プログラマーとして活動し、デジタル庁のデジタル社会構想会議構成員も務める若宮正子氏(86歳)の講演、および両名によるトークセッションが行われる。


後半は同社所属タレントなどによるパフォーマンス。68歳の現役DJ宮島八十八氏の司会のもと、日本殺陣道協会八木哲夫会長(73歳)やシニアストリートダンスチームのバンブーシュートが登場し、参加者と一体になって盛り上がる。

同イベントはZoomで開催され、参加費用は、無料(投げ銭方式)だ。

同イベントの申し込み、詳細に関してはフェイスブックの「アンコールフェス」ページにて確認を。

参加申込者には開催前日にZoomアドレスがメールで届く。

平岡史衣氏のコメント


同社代表取締役の平岡史衣氏は“人生100年時代となる中で、「リタイア後の長すぎる時間をどう過ごせばいいのか分からない」というシニアの方が増えています。また、若い世代を中心に、年金や老後の生活資金などの面で長生きすることに不安を感じている人が少なくありません。「アンコールフェス」は自分の趣味や特技、経歴を活かし、何歳になっても自分らしく、光輝く人生を送っているシニアの姿を紹介することで、当のシニアだけでなく、あらゆる世代の人たちが明るい未来を描けることを目指すイベントです。「人生をもっと楽しむ方法を知りたい」「楽しい老後を送りたい」「最後に『最高の人生だった』と思いたい」「未来に希望をもっていたい」「シニアから人生のヒントを学びたい」と考えている方に、是非参加していただきたいと思います。”とコメントしている。

気になる人は、「アンコールフェス2021」をチェックしてみて。

画像をもっと見る

  • 11/2 18:50
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます