「ハンオシ」唯斗(高杉真宙)の大胆ハグが破壊力抜群「あざと可愛い」「急に来た」

【モデルプレス=2021/11/02】女優の清野菜名がヒロインを演じ、俳優の坂口健太郎が相手役を務めるTBS系ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(毎週火曜よる10時~)の第3話が、2日に放送された。清野と俳優の高杉真宙のシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

本作は、「フィール・ヤング」(祥伝社)にて連載中の有生青春による同名漫画が原作。偽装結婚がテーマとした“不意キュン”必至のラブコメディとなっている。結婚願望ゼロのイマドキ女子・大加戸明葉を清野、堅物変人イケメン・百瀬柊を坂口が演じる。

◆唯斗、明葉をハグ

偶然知り合った動物看護士・牧原唯斗(高杉)に偽装結婚したことを明かした明葉。百瀬が兄嫁・美晴(倉科カナ)に片想いしており、自身には心を開いてくれない状況に「どうせ心のシャッター下ろされてるしね。外野の1人ですから。寂しいもんですよ」と投げやりに話す。

それを受け、唯斗は道端にもかかわらず「あっきー。元気出して」と明葉をハグ。すると、たまたま通りかかった百瀬に見られてしまい修羅場に…という展開だった。

◆唯斗の大胆ハグに反響殺到

視聴者からは「急に来た~!!!!」「唯斗くん大胆…!」「私もハグで励まされたい」など反響が殺到。

さらに、明葉に素直に甘えたり、感情表現が豊かだったりと、百瀬と正反対な一面を持つ唯斗に「あざと可愛い」「ワンコ系男子たまらん…」「唯斗くん派になりそう」などの声も上がっていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/2 22:43
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます