V6とSMAP「解散直後アルバム1位」 安室奈美恵も大記録で有終の美

拡大画像を見る

2021年11月1日に解散したV6のCDアルバム「Very6 BEST」が、「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得した。

アーティストやアイドルグループの解散、引退はさびしい。だが、その後に「1位」という記録を残すことで、ファンの「記憶」に刻まれる。調べてみると、V6のほかにレジェンドたちの名前が――。

40年以上前に解散したアイドル

V6の最新アルバムは、2021年10月26日に発売された。解散した翌11月2日のオリコン1位に、ファンは喜んだ。オリコンニュースによると、デビューからアルバム20作品すべてが「トップ3」入りをしているという。

ジャニーズのグループの中で、V6同様解散後に輝かしい記録を打ち立てたのが、SMAPだ。

2016年の解散10日前、12月21日に発売したベストアルバム「SMAP 25 YEARS」は、週間アルバムランキングで初登場1位を記録。解散後の17年1月2日、1月9日の2週連続トップとなった。1月10日には、発売から3週で累計売り上げ枚数が100万枚を超えている。

女性アイドルも負けていない。世代によっては、昭和に人気絶頂のまま解散したキャンディーズを思い出す人もいるだろう。ウェブメディア「NIKKEI STYLE」中の「エンタウオッチングは2011年5月30日付で、「キャンディーズのどこがすごいのか?~その後に与えた影響から考える」という記事を配信。そこに、こんな記述がある。

「(19)77年7月17日の解散宣言から78年4月4日の解散コンサートまで、キャンディーズ人気は盛り上がり続ける。一挙手一投足が話題になり、78年2月に発売された『微笑がえし』はついにオリコン1位となった」

「微笑がえし」は、解散前最後のシングルだ。1位になったのは、この曲のみだが、解散から40年以上の時が過ぎた2021年10月、NHKが特集番組を放送するなど今なお人気は健在だ。

引退した年にアルバム年間首位

ソロ歌手で、スーパースターのまま芸能界を去った人もいる、安室奈美恵さんだ。その姿をまねる「アムラー」が続出するといった社会現象を起こすほど人気を得たが、2018年9月に引退した。

引退前のラストアルバム「Finally」(2017年11月発売)は、驚異的な記録を打ち出している。18年1月9日付けのオリコンニュースによると、発売から2か月で200万枚が突破している。また、同年の年間アルバムランキングでも1位だった。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/2 20:42
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます