森田剛、宮沢りえと新事務所設立で高まる“俳優・森田”への期待感

拡大画像を見る

 11月1日に所属していたV6の解散とともにジャニーズ事務所を退所した森田剛が、妻で女優の宮沢りえと翌2日、新事務所「MOSS」をスタートさせた。

 2人は、2018年に結婚。今年3月12日にジャニーズ事務所が発表した「弊社所属アーティスト『V6』に関するご報告」では「2021年11月1日以降、森田剛は、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道を歩むこととなりました」との記載があったため、森田のその後の所属先が話題になっていた。

 この発表にネット上では「宮沢さんとの夫婦二人三脚での新事務所設立とのことで、夫婦そろってのますますの活躍に期待します」「新しい門出ですね! これからもずっと2人を応援しています」「宮沢りえさん、森田君と結婚してからが本当に幸せそうで、見ていてとても嬉しいです。これからもお2人の活躍、応援しています」など、あらたな門出にひと安心といったところのようだ。

「森田は22年1月公開予定の映画『前科者』への出演が決まっています。宮沢は、舞台や映画、ドラマ制作などへのパイプが太い。役者・森田の今後の活躍に大きな期待が寄せられそうです」(芸能記者)

 V6は、円満に有終の美を飾って解散。役者に専念する森田の今後が楽しみだ。

関連リンク

  • 11/2 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます