酒井法子、禁断の禰豆子コス披露で得意ジャンルを開拓か?

 女優で歌手の酒井法子が「鬼滅の刃」の人気キャラクター・竈門禰豆子の扮装にチャレンジするも、断念したことを明かした。

 酒井は10月24日、自身がヒロインを務めるドラマ「プロデューサーK4」のプレミア上映記者会見に出席。同会見には「鬼滅の刃」で我妻善逸の声を担当する下野紘も出席することから、禰豆子風に登場しようと考えた酒井は、禰豆子のトレードマークである竹をくわえようとしていた。

 しかし下野から直接「越えてはならない壁」と指摘され、禰豆子コスを断念。本番では使う機会のなかった竹を口元に当てた画像をインスタグラムで公開していたのである。

「下野の忠告通り、このインスタ投稿には芸能人のコス披露に厳しい層から批判の声が寄せられることに。ただコメント全体だと批判は少数派で、多くのファンは酒井に対して好意的なコメントを寄せていました。さすがに禰豆子コスで舞台に上がっていたらもっと批判は大きかったと思われますが、SNSで披露する分には作品へのリスペクトを示すことができればとくに問題はなさそうです」(業界関係者)


 ともあれ、とくに炎上を招くこともなく無事に済んだ酒井の禰豆子コス。そんな扮装に、ファンからはさらなるコスに期待する声もあがっているという。

「ネットニュースでは芸能人のインスタグラム紹介が人気ネタのひとつ。そのなかでも鉄板ネタと言われている要素のひとつが妙齢の熟した女性であり、そしてコスプレなのです。今回の投稿はその二つをいずれも満たしており、大ヒットの要素が詰まっていることから、ファンのあいだでは酒井が次はどんなコスプレに挑戦してくれるのか、期待が高まっています」(前出・業界関係者)

 今後も“のりピー”のインスタグラムにさらなる注目が集まりそうだ。

(浦山信一)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/2 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます