『SUPER RICH』矢野聖人、異例のフジ同クールドラマ並行出演

拡大画像を見る

現在放送中の木曜劇場『SUPER RICH』は、江口のりこ演じる、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求める破天荒なベンチャー女社長・氷河衛の、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描き出す。

ビジネスパートナーである一ノ瀬亮(戸次重幸)の裏切りにより、信用や財産を全て失った衛は、29日に放送された第3話で、古い一軒家を借りて新生「スリースターブックス」を始動し、起死回生を図ることに。そしてこのたび、11月11日(木)放送の第5話のキーパーソンとして、ドラマや映画など、話題作に相次いで出演している実力派俳優・矢野聖人が出演することが決定した。矢野は現在放送中の月9ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』で、医療機器の“メカヲタク”の放射線技師・悠木倫役でレギュラー出演しており、フジテレビの同クールのドラマに並行して出演することとなる。


今作で矢野が演じるのは、携帯会社「三日月モバイル」の若き社長・森ノ宮大吾。業界最大手である「満月モバイル」の社長の長男であり、子会社「三日月モバイル」を立ち上げた人物だ。電子書籍事業拡大のため、モバイル業界との提携を狙う衛たちは彼に取り入ろうと近づくが、そこで森ノ宮と春野優(赤楚衛二)に以前から親交があることが判明し…。


森ノ宮を演じるにあたり、矢野は「社長の役は今までやったことがなくて、自分の中の引き出しにもなかったので、すごく演じがいがある役だなと思いました。ビジュアルはもちろん、話し方のテンポやたたずまいなど、いろいろと調べて撮影に臨みました。内面的なところでいうと、父親に対してすごく葛藤がある役で、その気持ちをうまく表現できたらと思っています」とコメントを寄せる。


明らかになる森ノ宮と優の意外な接点とは?そして、森ノ宮が優のためを思ってしたある忠告がきっかけで、物語が大きく動き出すことに。「スリースターブックス」再起のため、衛たち登場人物が一丸となって前へ進んでいく姿と、彼らの軽快でコミカルな掛け合いにもご注目いただきたい。


矢野聖人コメント

●出演が決まったときの感想は?

「また新しい役柄を演じることができる高揚感と、一方ですでに出来上がっているチームに飛び込む緊張感がありました」


●台本を読んでの感想は?

「『SUPER RICH』というタイトルから、どんな物語なのかと思って台本を1話から拝見したのですが、それぞれのキャラクターの人間模様がとても面白く描かれていてあっという間に読んでしまいました。僕くらいの年齢だと、仕事だけでも恋愛だけでもなく、その両方においていろいろな局面が出てくるので、自分に置き換えて感情移入して読むことができました」


●今回の役どころについて

「社長の役は今までやったことがなくて、自分の中の引き出しにもなかったので、すごく演じがいがある役だなと思いました。ビジュアルはもちろん、話し方のテンポやたたずまいなど、いろいろと調べて撮影に臨みました。内面的なところでいうと、父親に対してすごく葛藤がある役で、その気持ちをうまく表現できたらと思っています」


●共演する皆さんとのエピソードなど

「共演したことがある方も少なく、すごく緊張してクランクインを迎えたのですが、赤楚(衛二)くんと矢本(悠馬)さんが現場で話しかけてくれたことでリラックスできてとてもありがたかったです。赤楚くんとはフットサル場のシーンでもいろいろとお話ができて楽しかったです」


●最後に、視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

「森ノ宮大吾を演じます矢野聖人です!同じクールで違う役をやらせて頂くという大変貴重な機会を頂きました。『SUPER RICH』はイチ視聴者として毎週楽しみに見ていますが、このドラマの世界に入ることができてとてもうれしかったです。社長という役どころの中で、不安定な心情を表現するために試行錯誤して演じさせて頂きました。楽しんで頂けたらうれしいです」



■木曜劇場『SUPER RICH』
毎週木曜よる10時放送
出演者:
江口のりこ、赤楚衛二、町田啓太、菅野莉央、板垣瑞生、嘉島 陸、野々村はなの、茅島みずき、矢本悠馬、志田未来、中村ゆり、戸次重幸、美保 純、古田新太、松嶋菜々子
主題歌:『ベテルギウス』優里(ソニー・ミュージックレーベルズ)

(C)フジテレビ



関連リンク

  • 11/2 17:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます