あざの切除手術により感染症で片脚を切断した少女、今では木登りするまでに(米)

拡大画像を見る

米カリフォルニア州オーシャンサイド在住のジェシー・ダウンズさん(Jesse Downs、38)とソーニャさん(Sonja、41)夫妻には4人の子供がいる。そのうち長女のプレスリーちゃん(Presley、7)は、1歳の時に脚を切断する手術を受けた。

プレスリーちゃんが脚を切断することになったのは、生まれつき右脚にあった大きな黒いあざが原因だった。2014年4月27日に生まれたプレスリーちゃんは、脚に「巨大先天性色素性母斑」と呼ばれる特殊な母斑があり、医師から「10パーセントの確率で母斑ががん化することがある」と言われた両親は娘のあざを取り除く手術を希望した。

ソーニャさんはプレスリーちゃんのあざを切除するための治療費を補うため、クラウドファンディングサイト「GoFundMe」で募金を呼びかけた。そしてプレスリーちゃんが生後4か月を迎える前の2014年8月21日、シカゴの病院で手術を受けることになった。

プレスリーちゃんのあざは足からふくらはぎにかけて広範囲だったこともあり、手術はあざを切除した部位にエキスパンダーで引き伸ばした別の部位の皮膚を移植するという大がかりなもので、4回にわたって行われることになった。ところが2015年6月18日に3回目の手術が終わった後、あざを除去した部位が感染症に罹患してしまったのだ。

脚はあっという間に感染症に蝕まれ、最終的にふくらはぎから下を切断することになってしまった。ソーニャさんは当時のことをこのように振り返っている。

「皮膚移植や様々な処置を行っているうちに、切除した部位が感染してしまったのです。感染症と判明した時にはすでに手遅れで、みるみるうちに悪化してしまいました。プレスリーのあざはなくなりましたが、彼女の脚を救うことはできませんでした。」

「それから『見た目だけの理由であざを切除するなんて』と非難する人たちに悩まされることになりました。私たち夫婦は見た目だけの理由ではなく、娘に健康で長生きできる最高のチャンスを与えたかったのです。脚を失うことは決して望んでいませんでした。」

その後、夫妻は病院側と法的に和解し、プレスリーちゃんの義足などに必要な資金提供を受けたという。脚を失ってしまったプレスリーちゃんだが、現在は3人のきょうだいと一緒に木登りをしたり、妹のケネディちゃん(Kennedy、6)と一緒に器械体操を楽しんでいるそうだ。

そんなプレスリーちゃんについて、ソーニャさんは「ケネディが新しい体操の技を覚えるとプレスリーも同じようにチャレンジしたがるんです。プレスリーはいつもやる気満々で自分ができるまで努力し続けるんですよ」と明かしており、プレスリーちゃんはハンディを感じず前向きに暮らしているそうだ。

画像は『New York Post 2021年10月29日付「My little girl went in for a mole removal and ended up having her foot amputated」(MERCURY PRESS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 11/2 16:14
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます