見た目も機能も進化! スーツで振り返る歴代スパイダーマン

 シリーズ最初の映画公開から時間を経てもなお、長くファンに愛され続けている『スパイダーマン』シリーズ。最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』への期待が高まる中、本日11月2日が<タイツの日>であることにちなみ、これまで映画化を果たした3つのシリーズを、スパイダーマンのトレードマークともいえるスパイダースーツから振り返る!

■シリーズの中で最もスーツが破れるスパイダーマン!? 《初代シリーズ》

『スパイダーマン』(2002)、『スパイダーマン 2』(2004)、『スパイダーマン 3』(2007)

 トビー・マグワイアを主演に迎え、初めてスパイダーマンを映画化した初代『スパイダーマン』シリーズ。監督はホラー映画の巨匠サム・ライミ。人気ヒーローのひとりであるスパイダーマンがついに映画化されるということで、期待値は抜群。公開するやいなや世界中で大ヒットを記録した。中でもピーターが想いを寄せるMJ(キルスティン・ダンスト)との逆さまのキスは、映画史に残る名シーンに。

 原作の骨子となるエピソードが忠実に映像化されており、最新作である『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でも話題となったグリーンゴブリン(ウィレム・デフォー)や、ドック・オク(アルフレッド・モリーナ)といった人気の高いヴィランが登場するのも本シリーズだ。

【スーツの特徴】

 他の2つのシリーズでは、スパイダーマンの特徴ともいえるクモの糸は手首のウェブシューターという装置から射出される仕組みだが、サム・ライミ版のピーターだけは直接手首から糸が出るという設定になっている。ピーターが自分でスーツを用意しているであろうことからも、特殊な機能は備わっておらず、耐久性も低いので、『スパイダーマン』シリーズの中で最もスーツが破けている描写が多い。

 『スパイダーマン3』では、12月3日に日本でも単独映画第2弾が公開される『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』でもおなじみの“シンビオート”に寄生された黒いスーツのスパイダーマンも登場するので、そちらも合わせてチェック!

■ウェブシューターも自分で開発! ピーターの秀才っぷりが発揮される! 《アメイジングシリーズ》

『アメイジング・スパイダーマン』(2012)、『アメイジング・スパイダーマン 2』(2014)

 サム・ライミ版の続編ではなく、リブート版として主演にアンドリュー・ガーフィールド、監督に『(500)日のサマー』などを手がけたマーク・ウェブを迎え、新たなシリーズとして製作されたのが『アメイジング・スパイダーマン』シリーズだ。今作ではヒロインがMJではなく、エマ・ストーン演じるグウェン・ステイシーに変更。また実際に、アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンがカップルとなったことも当時大きな話題となった。前作のトビー・マグワイアのピーターに比べると、明るくおしゃべりな性格はより原作に近い設定になり、父親であるリチャード・パーカーの死の真相に迫るなど、探究心が強い性格でもある。

【スーツの特徴】

 初代シリーズと同様、スーツ自体に特殊な機能は備わっていないものの、今回はスパンデックス素材を使用した伸縮性に優れたスーツとなっており、前シリーズのスパイダーマンに比べ、目の部分が丸みを帯びたデザインになっている。スパイダーマンの最大の特徴であるクモの糸に関しては、『アメイジング』シリーズではピーターがオズコープ社の遺伝子改良されたクモの糸を使用したバイオケーブル技術を応用して自作、ウェブシューターに関しても試行錯誤しながら自作する様子が描かれている。高校生とは思えない技術力を見せており、ピーターがいかに頭脳明晰な人物かということがわかる。

■トニー・スタークが開発! スーツはここまで進化した! 《MCUシリーズ》

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

 スパイダーマンのMCUユニバース参加に伴い、主演をトム・ホランド、監督もジョン・ワッツに刷新し、新シリーズとして作られた本作。これまでのスパイダーマンの中でも最もお調子者なピーターは、演じるトム・ホランドの魅力と愛嬌たっぷりのキャラクターもあいまって、シリーズの中でも最も「親愛なる隣人」というスパイダーマンのキャッチコピーが似合う人物となった。

 またMCUユニバースのキャラクターということで、他のヒーローとの絡みが見られるのも最大の魅力のひとつ。特にアイアンマンのトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)との師弟関係は、ピーターのヒーローとしての成長物語の中で欠かせない要素であり、その顛末も含め、多くの人に心の傷と感動を届けた。

 最新作の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、前作で正体をばらされてしまい、大切な人に危険が及ぶことを恐れたピーターが、共にサノスと闘ったドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に力を借りに行く。自分がスパイダーマンだと知られていない世界にして欲しいというピーターの頼みを聞いたストレンジは呪文を唱えるが、やがて時空が歪んでしまい―。マルチバースが出現し、これまでの過去のスパイダーマン作品と登場人物がどのように関係してくるのか!? 最新作にも期待が高まる。

【スーツの特徴】

 MCUシリーズのスーツの最大の特徴はなんといっても、天才的な頭脳の持ち主で、セレブな発明家のトニー・スタークことアイアンマンがスーツの開発を行っているという点。その実態はハイテクの限りを尽くしており、1作目の『スパイダーマン:ホームカミング』の時点でサポートAIであるカレンを完備しているほか、ウェブシューターのモードだけでも電気ショックが流れるものなど576種類もあり、その豊富さには思わずピーターも「スタークさん凝りすぎ…」と苦笑いするほどだった。他にも自動フィット機能や、スーツを速乾させてくれるヒーター機能、パラシュートやドローンまで完備されており、使いこなすには相当な時間を要するほどのハイテクさである。

 さらに、シリーズを重ねるごとにスーツのデザインも変化しており、『スパイダーマン:ホームカミング』の最後に登場し、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でのメイン装備となるメタリックなアイアン・スパイダースーツ、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ではピーターが自身の手でアップグレードを行い、赤と黒を基調にしたスーツを着用するなど、毎作品異なったスーツを着用している。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告映像でも早くも数種類のスーツ姿を披露しており、今作でも新しいスーツが登場するのか、そこにも注目しながら、最新作を待ちたい。

 映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、近日公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/2 7:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます