新朝ドラ 和菓子満載で「#あんこマウント」タグ登場 おやつは和菓子派続出

拡大画像を見る

 1日からスタートしたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、岡山の和菓子店が舞台と言うこともあり、毎朝おいしそうな和菓子が登場することから「#カムカムモグモグ」「#あんこマウント」のタグが登場するなど、おやつに注目が集まっている。

 岡山の和菓子店「たちばな」に生まれたヒロイン・安子(上白石萌音)は家の和菓子が大好き。つやつやに炊きあがった小豆を見つめ、その小豆で作ったおはぎを頬張る姿が印象的だ。

 おはぎの他にも、1日放送回では紅白まんじゅうが登場。他にも最中、大福など、おいしそうな和菓子が続々登場する。

 そのため、ツイッターでは「#カムカムモグモグ」「#あんこマウント」なるタグも登場。ヒロインの母・小しず役の西田尚美はツイッターでドラマタイトルが刻印されたどら焼きを紹介。「たちばなの和菓子はどれも美味しゅうて食べたらみんな幸せな顔になります。食べとうなるじゃろ?」と投稿し「#カムカムモグモグ」をタグ付けした。

 ネットも「朝イチに美味しそうなあんこ見ると、もう頭の中が和菓子になる」「美味しそうな和菓子の行列」「おはぎや大福をおやつに買う人続出です。あーどら焼きまで」など、おやつに和菓子をチョイスする人が続出している様子。「#あんこマウント」も、合わせてタグ付けし、たくさんの人が和菓子の写真をアップするなど、盛り上がりを見せている。

関連リンク

  • 11/2 15:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます