岡田准一、V6解散直後の昨晩は眠れず「松潤がくれたワインを1人で飲みながら…」<燃えよ剣>

【モデルプレス=2021/11/02】俳優の岡田准一が2日、都内で行われた映画「燃えよ剣」公開御礼舞台挨拶に、共演の鈴木亮平、Hey! Say! JUMPの山田涼介、メガホンをとった原田眞人監督とともに出席した。

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、土方歳三を主人公に新選組の志士たちの知られざる人生と激動の時代・幕末を描いた国民的ベストセラー『燃えよ剣』を映画化した本作。土方歳三と「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む伝説となったのか。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる愛と戦いがスクリーンで明かされる。

◆岡田准一、V6解散直後の昨晩は眠れず

冒頭の挨拶で岡田は「自分から言いますけど、昨日V6という長い間やってきた活動が終わる中、そういうときに公開される映画だということで、コロナで延期になってこのタイミングになったんですけど、自分としては大事な作品で、そういう作品を見ていただけたのは嬉しく思っております」としみじみと語り、V6解散の反響について聞かれると「そうですね。山田くんからも『おめでとう』っていうメールをいただいたり…」といい、「いやいや、そんな言い方はしてないです」と慌てる山田を横目に、岡田は「すごく丁寧なお言葉をいただいたり、今日も鈴木くんから開口一番に『お疲れ様です』と言っていただいたりしました」と告白。

続けて、岡田は「昨日は流石に眠れなくて、嵐の松潤(松本潤)がくれた95年もののワインを1人で飲みながら、眠れない夜を過ごして、変わらない日常を送ろうと朝、トレーニングに行ってきたので眠いっす」とぶっちゃけて笑いを誘い、「嘘です。嘘です。眠くないっす(笑)」とニッコリ。「V6というのもあるので、今日は中居(正広)くんがくれた”V6岡田“と書かれたこれ(靴)を履きながらここに立っています」と明かした。

そして鈴木は「今のお話を聞いて、改めて岡田さんの、先輩の特別な日にこうやって横に立っていて緊張感が走りました。同時に光栄なことだと思いますし、岡田さんは子どもの頃から見ていまして、V6の岡田さんとして見ていたんですけど、この仕事を始めてから俳優としての岡田准一さんと一緒に仕事をさせていただくようになって、尊敬している方です」と敬意を評し、「岡田さんの主演作に出させていただくのは2回目なんですけど、今日のご挨拶を横で聞いていて、男として俳優として大きい背中だなと。常に前を走っている方だなと思いました」と語った。

◆山田涼介、岡田准一にお願い「これからもかわいがっていただけたら」

さらに、山田は「僕は今まで岡田さんとはV6としての岡田さんとご一緒させていただくことはあったんですけど、(今作で)俳優としての岡田さんとご一緒させてもらって、一生追いつくことのない大きな背中なんだなという背中を、僕は人として初めて見たんですね。なので追い続けて、いつか追い越したいとは思うんですけど、岡田さんはこのスピードのままずっと成長し続けて、誰も追い越せない大きな背中を保ち続けるんだろうなと思っています」と羨望の眼差しで岡田を見つめ、「この作品の土方と沖田と局長の関係のように、これからもかわいがっていただけたらなと思っています」とお願いした。

すると突然、岡田は「今日はスーツ似合ってますね」と山田に声をかけ、山田が「これは新選組の“だんだら”を意識した色です」と明かすと、岡田は「そういうところあるよね。そういうニクいところがあるんだよなあ。相談してくれ」と口を尖らせた。

加えて、山田は「今まで反響のなかった方からも反響をいただいて、すごく嬉しい気持ちです」と吐露すると、原田監督から「今まで反響がなかった方ってご両親だよね」と明かされ、山田は「そうですね。親から珍しく『こんなに上質な映画にあんたが出ていいものか』っていう風に言われて(笑)、ちょっとビックリしました」と照れ笑いを浮かべた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/2 15:17
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます