長崎MF鍬先祐弥が自動車事故、双方にケガなし…クラブは「注意喚起と安全運転の教育を徹底」

拡大画像を見る

 V・ファーレン長崎は2日、MF鍬先祐弥が運転する乗用車で交通事故を起こしたことをクラブ公式サイトで公表した。

 クラブ公式サイトによると、相手乗用車の運転手と鍬先にケガはなく、事故発生後速やかに警察へと届け出、必要な対応をしている模様。同サイトには「相手の方や関係各所の皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。弊クラブでは、再度、選手・スタッフへの注意喚起をするとともに、今後も安全運転への教育を徹底していく所存です」と掲載されている。

 事故の詳細及び鍬先のコメントは、以下のとおり。

■発生日時
2021年11月1日18時00分頃

■発生場所
長崎県大村市岩松町

■経緯
鍬先選手が国道34号線を走行中、自らの不注意により渋滞で停車している前方の車に接触した。

■鍬先祐弥選手コメント
「この度は、私の不注意により事故を起こしてしまいました。相手の方や関係各所の皆様にご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。今回の事の重大さを認識し反省するとともに、今後より一層交通安全に努めていきます」

関連リンク

  • 11/2 15:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます