『「すみっコぐらし」とめぐりたいし!聖徳太子ゆかりの地スタンプラリー』が開催


今年は、聖徳太子が亡くなって1400年の年。奈良県では、11月1日(月)~12月26日(日)の期間、県内の聖徳太子ゆかりの地を周遊してもらう参加型キャンペーン『「すみっコぐらし」とめぐりたいし!聖徳太子ゆかりの地スタンプラリー』を開催中だ。

スタンプを集めてプレゼント企画に応募!

『「すみっコぐらし」とめぐりたいし!聖徳太子ゆかりの地スタンプラリー』は、人気キャラクター「すみっコぐらし」とコラボレーションしたデジタルスタンプラリーを楽しみながら、聖徳太子ゆかりのスポットを中心とする斑鳩、王寺、明日香エリアなど奈良県内を巡るイベント。

デジタルスタンプラリーでスタンプを5個集めると、「すみっコぐらし」オリジナルグッズが抽選で当たるプレゼント企画に応募できる。


同企画では、A賞として「すみっコぐらし」オリジナルクリアファイルA5サイズ2枚組と、


ミニタオルのセット、


B賞として「すみっコぐらし」オリジナルパスポートサイズノートとキーホルダーのセットが各300名に当たるほか、参加賞として、デジタルスタンプ1個獲得で「すみっコぐらし」オリジナルスマホ壁紙が全員にプレゼントされる。

先着1,000名にオリジナルシールプレゼント

また、同期間に、鉄道周遊乗車券との連携企画も開催。

JR西日本「関西1デイパス」、近鉄「奈良世界遺産フリーきっぷ 奈良・斑鳩・吉野コース」のきっぷを、法隆寺iセンター・りーべる王寺東館5階・飛鳥びとの館で提示した先着1,000名に、「すみっコぐらし」オリジナルシールをプレゼントする。

スタンプラリーパンフレットも発行


さらに、聖徳太子のエピソード、ゆかりの地や周辺の観光情報等を掲載したパンフレットを発行。11月1日(月)より斑鳩・王寺・明日香周辺の観光案内所や道の駅、県内の文化施設の一部(万葉文化館、奈良公園バスターミナル等)などにて配布予定だ。そのほか、奈良県観光プロモーション課ホームページ内の特設ページにて、パンフレットデータを掲出している。

なお、JR法隆寺駅、近鉄飛鳥駅などには「すみっコぐらし」のフォトスポットも設置。この機会に立ち寄ってみては。

※スタンプラリーの内容、開催期間等は、新型コロナウイルス感染拡大の影響等により、予告なく変更、中止する場合がある。

画像をもっと見る

  • 11/2 11:59
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます