桜井玲香&岡崎紗絵、お茶目な姿を披露! 映画『シノノメ色の週末』特別写真解禁

拡大画像を見る

映画『シノノメ色の週末』が、桜井玲香(元乃木坂46)と岡崎紗絵の特別写真を公開した。

今回公開されたのは、映画の劇中にて、学生時代からフィルムカメラ好きだったアンディ(三戸なつめ)が映画の本編さながらに、再会した美玲(桜井玲香)とまりりん(岡崎紗絵)のさまざまな表情を撮り収めたショット。

映画内に登場する廃校になった母校・篠の目女子高等学校の下駄箱での記念写真や、忍び込んだ教室の中でおどけたポーズを見せるお茶目なカットなど、気の置けない同級生同士のリラックスした表情を切り取っている。

また、映画公開日と同日の11月5日(金)に同作の小説とコミカライズ版が発売されることが決定。

小説版は、穐山監督による映画脚本の書籍化ではなく、小説のために新たに書き下ろした穐山監督の小説デビュー作。

穐山監督の映画脚本をベースにしたコミカライズ版は、『泣きたい私は猫をかぶる』のコミカライズでも知られる黒丸恭介が手掛けた映画の柔らかな世界観をそのまま表現した1冊に仕上がっている。

『シノノメ色の週末』小説&コミカライズ発売情報
■小説版
発売日:2021年11月5日(金)
著:穐山茉由
判型:文庫版(152×105)

■コミック版
[電子版]
発売日:2021年11月5日(金)

[紙版]
発売日:2021年11月18日(木)
原作:穐山茉由
漫画:黒丸恭介

映画『シノノメ色の週末』
今秋全国ロードショー
出演:桜井玲香 岡崎紗絵 三戸なつめ 中井友望 山田キヌヲ 工藤阿須加
監督/脚本:穐山茉由
制作プロダクション:ダブ
配給:イオンエンターテイメント

■ストーリー
女子高を卒業して10年、美玲(桜井玲香)はモデルを続けているが、いつの間にか雑誌のグラビアを飾ることはなくなった。そんな中、放送クラブで一緒だったアンディ(三戸なつめ)から、部長だったまりりん(岡崎紗絵)と3人で、取り壊しになる母校にタイムカプセルを探しに行こうと誘われる。超マジメでダサかったまりりんが広告代理店に就職し、デキる女ぽくなっているのを見て焦り、相変わらずカメラ好きサブカル系のアンディにホッとする美玲。裏門から忍び込んだ3人は、廊下を走り、笑い転げ、やりたい放題。結局、タイムカプセルは見つからず、また週末に集まることになる。何にでもなれると思っていたあの頃の自分に戻ったつもりの3人だったが、事態は全然違う方へと転がっていく──。

関連リンク

公式サイト

©️2021「シノノメ色の週末」製作委員会

関連リンク

  • 11/2 11:24
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます