井上咲桜、谷原章介に乗せられて個人情報を漏らしちゃった!?

 タレントの井上咲桜がうっかり口を滑らせてしまったようだ。

 11月2日放送の情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)にゲスト出演した井上は、肩に大きなフリルのついた真っ赤な衣装で登場。冒頭でオーロラのニュースが報じられると、司会の谷原章介から「オーロラのようなフレアのようなフリルを着ている咲桜ちゃん」とイジられ、「今日、オーロラ合わせで来ました!」とノリノリで返していた。

 すると朝8時半に、東京のJR吉祥寺駅付近で道路が陥没したとの速報が入り、画面は現場からの生中継に。道路に空いた2×5メートルほどの大きな陥没にはゴミ収集車が巻き込まれ、車体後部が落ち込んでいる様子が映し出されていた。

 この速報に政治学者の三浦瑠偉氏は2016年に発生した博多駅前道路陥没事故を絡めて解説。SPキャスターの武井壮は「下のほうの地盤が少し緩かったのかな」との見立てを口にしていた。そして谷原が「車がこういう形で沈むってことはこれ咲桜ちゃん、普通に走行していたらドン!って落ちたってことでしょうね」と話を振ると、井上からまさかの発言が飛び出したのである。

「井上は『吉祥寺のすぐ近くに住んでるんでめちゃくちゃビックリしてるんですけど』と、自身の個人情報をカミングアウト。続けて『吉祥寺ってファミリー層すごく多いので』と現地の情報に触れつつ、事故現場には近づけないようにしてほしいと語っていました。すると谷原は『咲桜ちゃん、吉祥寺住んでるんだね』と、なぜか井上の住処について掘り下げることに。この問いかけに井上は『荻窪住んでるんです』と、さらに詳しい個人情報を明かしてしまったのです」(テレビ誌ライター)

 井上が口にした地名が杉並区荻窪という具体的な住所を指すのか、それとも最寄り駅が荻窪駅なのかは判然としないが、「吉祥寺のすぐ近く」という最初の説明に比べると、かなり絞り込まれることは確実だ。

 司会の谷原は「言っていいのそれ?」と心配していたが、そもそも井上の住処について掘り下げていたのは当の谷原自身。井上は「大丈夫なんですけどそれは(苦笑)」とかわしていたものの、司会者の発言としては不穏当だったのではないだろうか。


 ともあれ自身の住処について全国放送で明かしてしまった井上。女性タレントということもあってプライバシー侵害も心配されるところだが、実際にはほとんど影響はないとの見方もあるという。

「一口に荻窪と言っても、周辺の南荻窪や西荻などを含んだ“広義の荻窪”では人口が8万人超にも及びます。それ以外の範囲に住んでいても荻窪駅や西荻窪駅を使うことはありますし、そもそも利用駅には吉祥寺駅や阿佐ヶ谷駅まで含まれますから、『荻窪に住んでいる』という情報だけで井上の住居を特定したり待ち伏せするのはまず不可能。そこまで理解したうえで彼女は荻窪在住を公言したのでしょう」(杉並区在住のライター)

 ともあれ司会の谷原には、女性タレントの個人情報を掘り下げないように気を付けていただきたいところだろう。

※トップ画像は井上咲桜公式インスタグラム(@bling2sakura)より。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/2 11:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • MCに乗せられてついついと言えば、元・女子競泳選手がバルセロナ五輪でメダルを期待されながら取れなかった事で「日本人はメダルキチ○イだから」って生放送で暴言。次のアトランタでも結果を残せずにシドニーでは「代表を外された」途端に「日本競泳チームが団結してメダルをいくつか獲得」に。結局はその競泳選手が「チームとしての団結力を壊していた」事が明らかになりました。

記事の無断転載を禁じます