中島美嘉、「音程を外したことがわかる喜び」と明かして氷解した「10年間の誤解」

拡大画像を見る

 今年デビュー20周年を迎えた歌手の中島美嘉。およそ3年半ぶりの全国ホールツアー「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2021 JOKER」をコロナ禍でありながらも遂行。10月27日には両A面シングル「SYMPHONIA/知りたいこと、知りたくないこと」をリリース。精力的な活動を展開している。

 中島といえば、2010年に耳管開放症を発症。当初は無期限の活動休止を発表していたが、およそ半年後に復帰。そのため世間からは病気が完治したと思われ、ライブやテレビ出演で歌唱するたび「音程がずれている」「歌声が変わった」などの批判にさらされていたが、その理由が今になってやっと明かされた。

 10月22日放送の「MUSIC BLOOD」(日本テレビ系)に出演した中島は、耳管開放症について「飛行機の離陸時にバコッて(耳の奥が)閉まる感じ」「自分の声が大きく聴こえて外音が聴こえなくなる」などと説明。発症報告したおよそ半年後に復帰してからも、それらの症状に悩まされ続けていたが、「その日のベストを尽くすしか、やり方がわからなかった」と明かした。しかし「実は耳が、聴力が復活しまして」とうれしい報告も。「言うつもりなかったんですけど、恐怖心あるんですよ、『またなったらどうしよう』っていう。あるんですけど、だいぶなってないので『これ、治ったんじゃないかな』って。本当、最近なんです」と笑顔で告白したのだ。

「ネット上では『治ってよかった!』『半年で全快するような病気じゃないと知ってたから心配してました。美嘉さんおめでとう』『音痴になったのかと思ってたけど、まだ病気が治ってなかったんだね。誤解しててごめんなさい』『耳が治ってないのに歌番組で歌う姿は見ているだけでつらかった。これからは「雪の華」を笑顔で聞けます』など、中島の耳の状態がよくなったことを祝う声があがっています」(女性誌記者)

 番組では「いちばんうれしかったのは、音程を外したのがわかることでした。『あっ、いま外したから次で戻そう』とかがわかるんで」と明かした中島。今年の冬は、大ヒットソング「雪の華」が、例年以上に数多く街中から聞こえてきそうだ。

関連リンク

  • 11/2 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます