<婚姻届に判を捺しただけですが 第3話>百瀬&明葉、美晴らが開く結婚祝いへ

【モデルプレス=2021/11/02】女優の清野菜名がヒロインを演じ、俳優の坂口健太郎が相手役を務めるTBS系ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(毎週火曜よる10時~)の第3話が2日、放送される。

◆清野菜名&坂口健太郎「婚姻届に判を捺しただけですが」

本作は、「フィール・ヤング」(祥伝社)にて連載中の有生青春による同名漫画が原作。偽装結婚がテーマとした“不意キュン”必至のラブコメディとなっている。

結婚願望ゼロのイマドキ女子・大加戸明葉を清野、堅物変人イケメン・百瀬柊を坂口が演じる。

◆第3話あらすじ

百瀬(坂口)の好きな人が兄・旭(前野朋哉)の嫁、美晴(倉科カナ)であることを知り、明葉(清野)は胸のあたりがなぜかモヤモヤしていた。

2人は百瀬の中学の同級生たちが開いてくれる結婚祝いへと出かけることに。美晴や同級生たちが思い出話で盛り上がっていると、偶然通りかかった麻宮(深川麻衣)が成り行きでパーティに飛び入り参加!? 

さらに、明葉のお節介が百瀬の勘に触り、心のシャッターをガッツリ降ろされてしまうのだった…。

家では気まずい空気が流れる一方で、明葉に大きなコンペの話が舞い込む。そのことを百瀬に相談しようにも、とても聞ける雰囲気ではなく…。

さらに、予期せぬ出来事が起こりコンペは思わぬ展開に…!?

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/2 8:30
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます