「不倫が私を成長させた」と語る自称・いい女が痛い理由9パターン

不倫経験アリの妙齢女性に多い、恋愛トークでのマウンティング。「酸いも甘いもかみ分けた人生の先輩」ヅラをしたがる人は、周囲に冷ややかな目で見られているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『不倫が私を成長させた』と語る自称・いい女が痛い理由」をご紹介します。

【1】遊ばれたことを直視できていない
「『相手が本気だった』と説明されても、離婚してもらえなかったくせにと突っ込みたくなる」(20代女性)というように、都合よく遊ばれたことに目を背けているからです。いっそ「不倫だから燃えるんであって、離婚されるのはちょっと違う」と突き抜けて見せたほうがマシかもしれません。

【2】結局のところ何を言っても「言い訳」でしかない
「『出会う順番を間違えた』『気持ちが抑えられなかった』って、いちいち言い訳がましい」(20代女性)というように、いくら理屈をこねようと不倫は正当化できないからです。むしろ「最初は独身だって騙されててさ」と被害者を装うくらいが無難なのではないでしょうか。

【3】いい歳をして、いまだに「まだまだこれから」だと思っている
「『次は既婚者はやめとこうかな?』って呑気にしてるけど、結婚・出産したいならそろそろ本気で探さないとマズいのに…」(20代女性)というように、若い頃の感覚のまま将来性のない恋愛を楽しんでいるからです。「こんなことやってる場合じゃないんだけどね」と自虐ネタを入れれば、少しは同情されるかもしれません。

【4】成長どころかマイナスになっていることに気づいていない
「不倫しているってだけで男性からもマイナスイメージなのに」(20代女性)というように、不倫をレベルの高い恋愛だと勘違いしているからです。せめて「この年になるといい男は既婚者ばかりになっちゃうのよね」などとボヤいてみせれば、共感を得られるでしょう。

【5】不倫が悪いことだと反省できていない
「普通だったら恥ずかしくて語れるような話じゃないのに…」(20代女性)というように、モラルやルールに反した行為をむしろ自慢しているからです。わざわざ披露せず、誰かが不倫で悩んでいるときに自分の体験談として持ち出すくらいに留めたほうがよさそうです。

【6】自分の価値を下げていることに気がついていない
「仕事ができる先輩でも、恋愛ではだらしないんだなって」(20代女性)というように、不倫のせいで職能や人望といったほかの評価まで落としてしまうからです。いっそのこと「結婚とか考えてないし、恋愛も面倒くさいので」とカラダ目的だと開き直ったほうがまだ理解を得られるかもしれません。

【7】悲劇のヒロインとして人生経験豊富だと思っている
「自分から突っ込んでいってよく言うなあ、と思います」(10代女性)というように、数々の修羅場をくぐり抜けた武勇伝のひとつとして不倫を語るからです。特に不倫をくり返してしまう人の場合、「本当に私って学習しないよね」とバカなフリをしたほうがまだ好印象でしょう。

【8】相手の男性が配偶者を裏切るような人間だとわかっていない
「そんな男と付き合っても、どうせ裏切られるだけじゃん!と言いたくなる」(20代女性)というように、不倫相手が人間的にクズだと認識できていないからです。「奥さんとはレスで…」「子どもがまだ小さいから別れられなくて…」といった方便を鵜呑みにしているのも、第三者には呆れられてしまうでしょう。

【9】相手の奥さんの気持ちを考えていない
「自分が奥さんだったら嫌でしょ?ってシンプルな想像もできない」(20代女性)というように、人が嫌がることを平然としてしまっているからです。むしろ「私が奥さんだったら訴えて慰謝料とるものね…」としみじみ語って、同じ過ちをする女性を出さないように注意喚起したいものです。

このようにいくら理由を並べても正当化できないのが不倫。自分が気をつけるのはもちろんのこと、友達がハマってしまった場合は、せめて痛い発言を指摘してあげましょう。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/2 7:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます