清野菜名“明葉”、坂口健太郎“百瀬”の好きな人を知りモヤモヤ

清野菜名と坂口健太郎が偽装夫婦を演じる火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第3話が、11月2日に放送される。

原作は、有生青春の同名漫画。とある理由から偽装結婚をすることになった、大加戸明葉(清野)と百瀬柊(坂口)が織りなす不意キュン・ラブコメディ。

先週放送された第2話では、百瀬が見せた数々のツンデレに反響が。ネット上では「不器用な百瀬さん可愛い」「キュンキュンした」「百瀬のツンデレが罪」「『あなたでよかったです』の破壊力よ」「これが不意キュンてやつですか」​​とのコメントがあった。

<第3話あらすじ>
百瀬(坂口)の好きな人が兄・旭(前野朋哉)の嫁、美晴(倉科カナ)であることを知り、明葉(清野)は胸のあたりがなぜかモヤモヤしていた。

2人は百瀬の中学の同級生たちが開いてくれる結婚祝いへと出かけることに。美晴や同級生たちが思い出話で盛り上がっていると、偶然通りかかった麻宮祥子(深川麻衣)が成り行きでパーティに飛び入り参加!? さらに、明葉のお節介が百瀬の癇に障り、心のシャッターをガッツリ降ろされてしまうのだった……。

家では気まずい空気が流れる一方で、明葉に大きなコンペの話が舞い込む。そのことを百瀬に相談しようにも、とても聞ける雰囲気ではなく……。さらに、予期せぬ出来事が起こりコンペは思わぬ展開に!?

関連リンク

  • 11/2 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます