八ヶ岳麓のスーパー社長、饒舌なマイクパフォーマンスで商品売りさばく!

拡大画像を見る

ヒロミがMCを務める『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週火曜19:00~)が、11月2日に放送される。

同番組は、“グルメ馬鹿”なスタッフが日本全国を駆けまわり、オモウマい店を発掘するバラエティ。MCをヒロミ、進行を小峠英二(バイきんぐ)が務め、この日は、尾上右近、青山テルマがゲスト出演する。

この日は、山梨県の八ヶ岳麓にあるスーパーを紹介。一見するとごく普通の店舗だが、聞こえてくるのは饒舌な店内放送。テープを流しているのではなく、なんとお店の社長がリアルタイムで商品や店員について、ひたすらしゃべり続けている。マイクを常備している社長だが「これはオレの……連れ合いですから」というほど愛してやまない。なんと店内放送のために用意した音響機材はライブやコンサートなどで使うものを150万円もかけて導入しているのだそう。

トーク力も抜群で大人気商品の“オリジナルウインナー(646円)”については「だいたい1か月で400袋売れるかなーなんて思って作ったら、前回400袋が4日で売れちゃいました。だから慌てて作ったんだけど、出来上がるのは3週間後。ということでお待たせしました」などと、ユーモラスなトークを繰り広げる。

トークのみならず商品も評判で「ここはお魚もお肉もなんでもおいしいです。野菜も果物も。果物は最高。ここ最高。だーいすき」と熱烈なファンも多く、中には県外から買いに来るお客さんの姿も。特に人気なのが、A5ランクの松阪牛と鹿児島産黒豚のみの具材で作る贅沢さにも関わらず「美味しいもので皆様を笑顔にしていくためにはコストもへったくれもない」という社長の思いから出来上がった “歴史的メンチカツ”。店頭に並ぶと同時に大行列ができ完売してしまい、6~7回目で初めて買えたというほどのメンチカツの味とは!?

前回の放送では、番組常連のオモウマい店のうなぎ屋「野沢屋」の店主が、小峠と「タイマンを張りたい」と語る一幕があり、ネット上では、「対談からタイマン」「タイマン楽しみ」「タイマン(対談)見たい」などの反響が上がった。

関連リンク

  • 11/2 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます